医療・医薬・福祉 その他

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた補正予算案

京都府
【京都府】令和2年度11月補正予算案



補正予算の基本方針

今年度、京都府では、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、これまでの間、医療・検査体制の確保・充実や経済・雇用緊急対策など、数次にわたり、補正予算を編成してきました。
未だ、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、WITHコロナ社会を乗り越えていくためには、感染状況とともに、府内の経済状況や雇用情勢、府民生活に目配りしながら、必要な対策を講じることで感染拡大の防止と経済の回復の両立に努めていくことが必要です。
11月補正予算においては、年末年始の対策をはじめ、引き続き、府民生活の安心を確保するとともに、雇用情勢等を踏まえた緊急的な対策等に必要な経費を計上します。

※資料はこちらからご覧ください。
https://www.pref.kyoto.jp/koho/kaiken/documents/201117.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)