美容・健康 インテリア・雑貨

Etak加工・PFE粒子99%カットを施したフィルター「Etak マスクインナーフィルター」を12月18日より発売開始

ジェクス株式会社
広島大学産学共同研究による特許成分「Etak」を使用!

ジェクス株式会社(本社:大阪市中央区谷町、代表取締役社長:梶川 裕次郎)は、防菌・防ウイルス作用が持続する特許成分「Etak」を塗布したマスクフィルター「Etak マスクインナーフィルター」を12月18日より販売開始します。


■マスクの内側につけるだけ!しっかりウイルス対策
「Etak マスクインナーフィルター」は日常で使用している布・不織布マスクに装着するだけで防菌ができるフィルターです。Etakとよばれる防菌・防ウイルス効果のある特許成分を加工した不織布を採用。特殊三層構造により口元側はEtak加工、中間層は0.1㎛微粒子「花粉」「ウイルス飛沫」「菌」「PM2.5」を99%カット(※1)。マスク側はピタッとしっかり端まで貼れるシール付きです。ウイルス飛沫や菌から身を守るアイテムです。(※1:PFE検査による。)


歯の抗菌研究の権威である広島大学大学(口腔生物工学)二川浩樹教授が約3年の歳月をかけて開発した、長時間「防菌」「防ウイルス作用」が持続する特許成分です。ジェクスでは、この画期的な研究開発成果をいち早く社会に役立てるため、2009年より同大学と連携。他メーカーへの製品供給や一般ユーザー・業務用向けの商品展開を進めて参りました。
「Etakマスクインナーフィルター」には、Etak加工したフィルターを口元側に採用しており、菌・ウイルスの侵入を防ぎます。
ジェクスでは、今後もEtakを活用した価値ある商品開発を行っていくことで、各種感染症の脅威が身近になった現代において、人々が安心できる暮らしをサポートしてまいります。



■Etak加工をした特殊三層構造


フィルターは、防菌効果を発揮するため、特殊な三層構造となっています。

【口元側】Etak加工を施した サーマルボンド不織布
【中間層】0.1㎛微粒子の ろ過効率(※1)を持つ高機能フィルター メルトブローン不織布
【マスク側】長繊維で形成されていて強度の高い スパンボンド不織布 マスクに貼るシール付き
※PFE(Particle Filtration Efficiency)検査による

<「ジェクス Etak マスクインナーフィルター」 商品情報>
■商品概要
商品名:Etak マスクインナーフィルター
発売日:2020年12月18日
価格 :オープン(参考価格400円)
容量 :10枚入

■商品特長
・広島大学産学共同研究のEtak(持続性 防菌・防ウイルス)加工
・口元側へEtakを塗布した三層構造の高性能フィルター
・中間層には0.1µmの微粒子を99%カットする不織布
・マスク側には装着してもズレにくい、ピタッと端まで貼れるシール付き(※3)
・フィルターを装着することで、マスクへ付着する化粧品(口紅、ファンデーション)を防止
※3:特殊加工処理(ポリウレタン処理、シリコーン処理等)された生地は接着力が弱く、
付きにくい場合があります。
・繰り返しの使用はせず、使用後は速やかに取り外してください。

■会社概要
名称 :ジェクス株式会社
URL :https://www.jex-inc.co.jp
設立 :昭和35年12月7日
資本金 :3億円
所在地 :〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目3番12号
事業内容:医薬部外品・医療機器


化粧品・育児用品・生活関連用品等の製造販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)