ホテル・レジャー 美容・健康

飛行機内の乾燥対策や旅先での安心・快適さにこだわった旅行用マスク 「和紙×旅マスク」先行予約販売開始!

株式会社テレコムスクエア
~通信レンタルのテレコムスクエアと縫製業の和興が連携してモノ作り~

 世界各国のモバイル通信機器のレンタルサービスを提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下テレコムスクエア)と100%日本製のカットソーウェアを生産する株式会社和興(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:國分孝一、以下和興)は2020年11月24日14:00より、抗菌力と調湿性に優れた国産マスク「和紙×旅(わしたび)マスク」をクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売開始します。


■Makuakeプロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/telecomsquare/
※プロジェクトは2020年11月24日(火)14:00より公開されます。




 テレコムスクエアは28年にわたり世界を旅する人々へ、モバイル通信サービスを通して旅行中の「安心・便利・楽しさ」を提供してきました。
 現在、新型コロナウィルスの世界的流行により、自由に海外へ旅行することができない状況が続くなか、再び安心して自由に海外への出張や旅行ができるようになる日を少しでも早く迎えるために、今私たちにできることはないかと考えました。
 その取り組みのひとつとして、ニューノーマルの旅行では飛行機内や旅先でもマスクを着ける時間が長くなることを想定し、「旅行用のマスク」をコンセプトにオリジナルマスクの開発に取り組みました。
 そして、乾燥する機内や様々な気候条件の旅先で「お客様に快適に安心して旅行を楽しんでもらいたい」―その想いから抗菌力や調湿性に優れた国産のマスクを採用しました。最もこだわった部分は素材。一日中肌に触れても安心な素材であり、化学薬品を使用せず環境負荷が少ない和紙素材に着目し、「和紙のふく」の開発を行う株式会社和興と連携し協同開発しました。



1. 和紙の抗菌は綿の約8倍
最近では抗菌作用をかかげたマスクが流通されるようになりましたが、抗菌作用をかかげたマスクの中には、化学薬品を使用し抗菌効果を加えているものもあります。それに対して多孔質なマニラ麻を原料とする本商品は和紙本来の力のみで抗菌効果があります。その効果は、10回洗濯後の綿と比較すると約8倍の効果が証明されています。
また、消臭効果についても、アンモニアに対して綿の2.2倍の消臭効果が証明されました(※1)。
和紙素材は洗濯するたびに抗菌性がアップし、消臭効果もある優れた素材です。

2. 飛行機内でも保湿万全!和紙は自然に湿度を調整する“天然のエアコン”


かねてより飛行機内の悩みとして「機内の乾燥」がありました。機内での就寝時などに乾燥により喉の痛み、目の乾き、肌のかゆみを経験される方が多いようです。飛行機内の湿度は10~20%といわれており、地上や室内での快適な湿度である40~60%と環境が大きく異なります。
和紙には湿度を調整する働きがあります。そのため、飛行機内のような乾燥した環境では水分を逃さずしっかり保湿してくれます。一方湿度が高い環境下では、余分な汗や水分を吸水・速乾させるため、ドライな状態を保ちサラッと快適に過ごせます。世界の蒸し暑い国や地域でも、反対に乾燥した国や地域でも、自然に調湿してくれる素材です。

3. 長時間の着用でも疲れない設計
飛行機のフライト時間は十数時間に及ぶことがあり、機内で絶えずマスクを着用した場合耳や頭が痛くなる心配があります。そんな不安を解消するため、マスク紐部分の設計にこだわりました。
マスク紐部分はTシャツの襟リブや袖口に使われる「横編み」のゴムを採用しました。そのため締め付けすぎず伸びすぎず、人それぞれの顔の形状にフィットし着用時の耳の負担を軽減させます。
■マスク紐部分へのこだわり プロモーション動画: https://youtu.be/u2iGQrEy3ns




4. 和紙はサスティナブルな天然素材


テレコムスクエアでは、2020年6月と11月に当社のお客様対象で「海外への渡航に対する意識調査」を実施し、その中で「サスティナブルな商品やサービスの利用に対する意識」を調べました。調査結果より、6月・11月ともに、サスティナブルな商品やサービスの利用への意識が高いことがわかり、11月調査では“利用意向有”は全体の4分の3以上に達しました(※2)。
当社のお客様のサスティナブル意識が高い結果も考慮し、マスクの素材として環境に優しい素材を起用することにしました。
和紙糸の原料となるマニラ麻は自生する多年生植物のため、地球環境への負荷が非常に少ない素材です。また、農薬や化学薬品を一切使用していないため、焼却時も有害物質は出ず、土に埋めると生分解されるサスティナブル素材です。
“マスクは鼻や口を中心に肌に直接触れるもの。安心して使ってもらいたい” その想いを植物由来の和紙マスクでカタチにしました。

(※1)抗菌性試験、吸湿発熱試験、吸放湿性試験、一般財団法人ニッセンケン品質評価センター、2020.3.2
(※2)<調査概要>
調査期間:6月30~7月12日、11月11~17日、回答数:6月3798名、11月313名、
調査方法:インターネットによるアンケート調査、調査対象:テレコムスクエア会員、全国10~70代以上男女


・商品名:   和紙×旅(わしたび)マスク
・販売価格:  3,190円(税込、送料込)
・サイズ:   Mサイズ、Lサイズ
・カラー:   ホワイト(紐色:ホワイト)、ホワイト(紐色:ローズミスト)、
        ネイビー(紐色:ネイビー)、ネイビー(紐色:パウダーブルー)
・販売ページ: クラウドファンディングサイト「Makuake」
 プロジェクトページURL https://www.makuake.com/project/telecomsquare/
・Makuake販売期間: 2020年11月24日~2020年12月20日(予定)




■株式会社テレコムスクエア
当社は、モバイル通信サービスのパイオニアとして28年余にわたり、世界を旅する人たちへ、旅行中の「安心、便利、楽しさ」をお届けしています。Wi-FiルーターのレンタルやプリペイドSIM販売などの通信サービスに加えて、ARナビゲーションアプリ“PinnAR”の開発・運営を行い、旅がより自由で豊かになるような「新たな価値」の提供と挑戦をし続けている会社です。

社名:   株式会社テレコムスクエア
代表者:  代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:   〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル3F
創業:   1992年(平成4年)
従業員:   294人(2020年7月1日現在)
事業内容: モバイルサービス通信事業(Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードの販売など
      国際モバイル通信機器の提供)
  デジタルメディア事業(ARナビゲーションアプリの提供)

■株式会社和興
創業1929年、東京・両国にてカットソーの企画・縫製を営む。岩手県一関市の自社工場(株式会社 和興ニット岩手)を中心に、多品種小ロット・高付加価値・短納期といったメイドインジャパンの強みを活かしたものづくりに取り組む一方で、異業種とのコラボレーション企画や自社製品「和紙のふく」の開発など、既存のアパレルOEMの枠にとらわれない新たな業態にも積極的に挑戦している。

社名:   株式会社和興
代表者:  代表取締役社長 國分 孝一(こくぶん こういち)
本社:   〒130-0021 東京都墨田区緑2-15-9
創業:   1929年(昭和4 年)
従業員:    7人(2020年11月現在)
事業内容:  アパレル企画、OEM、パターン製作
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)