医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

病院マーケティングサミットJAPAN2020 12月1~5日にオンライン開催します

一般社団法人病院マーケティングサミットJAPAN
https://hospital-marketing.jp/

医療界の内外から参加を募り、これからの医療機関に求められる広報・マーケティングについて考える「病院マーケティングサミットJAPAN」。第3回の今年はオンラインにて、12月1日(火)から5日(土)まで5日間開催します。



58セッションに160人が登壇

本サミットは2018年の初開催以降、みなさまのご支援のおかげで、規模・内容ともに充実させて参りました。昨年は医療界はもちろん、政治やビジネスなど幅広い分野から30人が登壇、360人にご参加いただきました。今年はこれを大幅に上回る約160人が登壇、5日間にわたって計58セッションを開きます。参加者も1000人を超える見込みです。


withコロナ時代の病院広報・マーケティングとは?

今年、新型コロナウイルスの世界的流行によって全国の医療機関が多大な影響を被りました。今回のサミットでは「逆境で進化させる人to人のコミュニケーション戦略」をテーマに、広報・マーケティングの専門家が多数参加し、withコロナ時代を生き抜くための戦略を探ります。


医療を軸に、幅広い社会課題を見据えて

本サミットでは、医療のプレーヤーを「病院の中」だけでなく「病院の外(社会)」にも広げ、「人々の生活に真に貢献する医療」を一緒に考えて参ります。病院の広報・マーケティングというメーンテーマに加え、地域経営や教育、農業など多方面の社会課題を議論するセッションを企画しました。


■ セッション事例
1日(火)
午前9:30~「人や社会と深くつながるコミュニケーション戦術」
金子みどり・アマゾンジャパン合同会社パブリック・リレーションズ本部長ほか
2日(水)
午後4:00~「妊活・妊娠について逃げずに語るべき時がきた!」
宋美玄・丸の内の森レディースクリニック院長ほか
午後5:30~「COVID-19 パンデミックは日本の医療提供体制を強くしたのか?」
羽鳥裕・日本医師会常任理事ほか
午後6:00~「Sex Education season 1」
岩田健太郎・神戸大学大学院医学研究科教授ほか
3日(水)
午前10:30~「医療にもっとクリエイティブを」
柳澤大輔・面白法人カヤック代表取締役ほか
4日(金)
午後1:00~「ここが変だよ!日本の医療」
孫泰蔵・Mistletoe Japan合同会社Founderほか
午後4:00~「Meet the President 1 ポストコロナ時代の大学再生」
安西尚彦・千葉大学医学部副学部長ほか
午後6:30~「訴訟よりも大切なことは?」
豊田郁子・NPO法人架け橋理事長ほか
5日(土)
午前10:00~「医者が病気になった時にかかりたい医者とは?」
藤本善英・国際医療福祉大学教授ほか
午前11時~「コロナ禍における心臓外科診療の施設間連携」
田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長ほか
午後1時~「コロナ禍で増えた『学校に行けない』や『暴力を受ける』から子供達を守りたい!」
山形文・公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプログラム部シニアプログラムオフィサーほか
-----
セッションタイムテーブルはこちら。https://hospital-marketing.jp/2020_program/
日時や登壇者が変更することがあります。ご容赦ください。

■ 参加方法
あらかじめ参加登録をお願いします。登録費はお一人14,000円(LINEに友だち登録いただければ12,000円)。続いてパソコンやスマートフォンでログインしてご視聴ください。
参加登録画面はこちら。https://hospital-marketing.jp/summit2020_registration/

■ 主催:一般社団法人病院マーケティングサミットJAPAN
代表理事 竹田陽介・株式会社Vitaly
理事 松本卓・小倉記念病院/小山晃英・京都府立医科大学/岸拓弥・国際医療福祉大学
事務局
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-22-5F (株式会社Vitaly内)
TEL/FAX:03-6885-7202 summit2020@hospital-marketing.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)