広告・マーケティング 美容・健康

世界の免疫タンパク質診断検査市場ーサイズ調査、タイプ別、アプリケーション別(自己免疫検査、感染症検査、毒物学検査など)、技術別―世界的な業界需要分析と機会展望2027年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の免疫タンパク質診断検査市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 24日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336538



調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

免疫タンパク質診断検査は、プレアルブミン、免疫グロブリンなどの体内の免疫タンパク質のレベルを検出します。糖尿病、心臓病、関節炎、腎臓病などの感染症および慢性疾患の発生率と有病率の増加は、免疫タンパク質診断検査市場を推進する可能性があります。高齢者人口の増加、および早期診断サービスの需要の増加も市場の成長に積極的に貢献すると予想されます。AgeingAsia.orgによると、60歳以上の人口は2019年には11,988,000人であり、2050年には29,841,000人増加すると予想されています。

世界の免疫タンパク質診断検査市場は2019年に約1010億米ドルと評価され、2020-2027年の予測期間中に6.6%以上の成長率で成長すると予想されています。

また、60歳以上の人口の合計割合は2019年には12.3%であり、2050年には27.2%増加すると予想されています。さらに、Statistaによると、アメリカの老人人口(65歳以上)は2018年には16%であり、2050年にはアメリカの老人人口の22%増加すると予想されています。2019年に糖尿病に苦しんでいる世界の成人人口は約9.3%であり、2045年には11%増加すると予想されています。

また、国連経済社会局によると、2019年の世界の65歳以上の人口は703 百万人で、2050年には2倍の15億人になると予測されています。一方、厳しい規制は、予測期間中に世界の免疫タンパク質診断検査市場の成長を抑制する主な要因です。

免疫タンパク質診断の進歩による化学発光の導入
免疫タンパク質診断の技術的進歩により、化学発光アッセイが導入されました。この技術は、完全に自動化された機器と高スループットで慢性疾患の迅速な診断に役立ちます。化学発光技術を使用して実施されるテストは、処理時間が短く、通常は30~45分です。このテクノロジーは、システムのワークフローの中断を最小限に抑え、オンボード試薬容量を有効にしてターンアラウンドタイムを短縮します。

market name市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

北米は、薬物乱用とアレルギーの症例数の増加により最大の市場シェアを保持すると予測
北米は、慢性疾患を検出するための迅速な診断サービスの需要の増加、予防医療の継続的な傾向、および薬物乱用とアレルギーの症例数の増加により、世界の主要/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。地域での免疫タンパク質診断のための研究と開発の増加と地域での人口の増加は、アジア太平洋地域の市場を牽引すると予想されます。

世界の免疫タンパク質診断検査市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

2020-2027年の予測期間中に市場セグメンテーション洞察
世界の免疫タンパク質診断検査市場は、タイプ別(C反応性タンパク質診断検査、補体系タンパク質診断検査、プレアルブミン診断検査、ハプトグロビン診断検査、免疫グロブリン診断検査、フリーライトチェーン診断検査)、アプリケーション別(自己免疫検査、感染症検査、アレルギー検査、内分泌検査、腫瘍学検査および毒物学検査)、技術別(ラジオイムノアッセイ、免疫濁度アッセイ、免疫タンパク質電気泳動)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界の免疫タンパク質診断検査市場」というタイトルのレポートは、世界の免疫タンパク質診断検査市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来世界の免疫タンパク質診断検査市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の免疫タンパク質診断検査市場における業界のリーダーはAbbott Laboratories、Abcam PLC、Bio-Rad Laboratories、Danaher Corporation、Diasorin, Enzo Life Sciences、Ortho Clinical Diagnostics、Roche Diagnostics、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientificなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/immunoprotein-diagnostic-testing-market/10336538

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)