インテリア・雑貨 美容・健康

★新商品★ ULTRABACK 体にフィットする究極の姿勢サポートガジェットをGLOTURE.JPで販売開始

株式会社Gloture
一日の疲れを癒してくれるソファのための姿勢サポート

株式会社Gloture (本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI) は、「ULTRABACK」を自社のECサイト(GLOTURE.JP)にて2020年11月28日より販売開始いたします。 商品ページ https://gloture.jp/products/ultraback



リラックスタイムをサポートする究極の姿勢サポートガジェット




ソファに長く座っているとき、腰の痛みを感じたことはありませんか?

「リラックスタイムは腰の痛みを気にせず、ゆっくり過ごしたい」

そんな方には、ULTRABACKがオススメ!




ULTRABACKは、リラックスタイムをサポートするアイテムです。


機能性の高いデザイン
腰を支えてくれるしっかりとしたサポート力
ソファのような柔らかい座面にもフィットする安定感
車に踏まれても壊れない強靭性と耐衝撃性
溜まった疲れをほぐすマッサージヘッド付き


ULTRABACKは様々な面で、従来のメッシュタイプやクッションタイプの姿勢サポート以上の優れた機能を持っています。



リラックスしたまま保てる姿勢

ULTRABACKは、ソファのような柔らかい座面でもしっかりと安定し、角度調整も簡単にできます。

ソファの座面の深さや背当ての高さを自分好みに合わせ、立てかけるだけで、リラックスしたまま背中のS字カーブを保つことができます。




秘密は独自開発された素材「NylonFlex(ナイロンフレックス)」

6つのナイロンをもとに作られたNylonFlexは、ULTRABACKのためだけに独自開発された素材です。

NylonFlexを使用することで、優れた柔軟性と強靭性・耐衝撃性を叶えました。





柔軟性が高いため柔らかいソファにもフィットし、体重をしっかりと支えてくれます

また、薬品にも耐性があり温度変化にも強いため、従来品よりも劣化しにくく長く使用できるのもULTRABACKの魅力の一つです。



利用シーン

ソファの他にも

・ダイニングチェア
・カーシート
・オフィスチェア

などでも活躍します。








インテリアの一部としてリデザイン

通気性を保つための背面の隙間すらデザインの一部に組み込んでいるULTRABACK。

今までの「姿勢サポート=オフィス用品」というイメージをなくし、リビングやダイニングなどにも合うインテリアの一部としてリデザインされています。





適度な刺激をもたらすマッサージヘッド

背面の隙間にはマッサージヘッドが装着できます。

疲れの溜まる箇所は日々変わるもの。
マッサージヘッドはネジ式なため、背面の好きな位置に、自由に取り付けられます。


背中のS字カーブを保ちつつ、マッサージヘッドによって適度に背中の疲れた部分を刺激することで、より深いリラックス効果をもたらします。


お気に入りの映画を観たり音楽を聴いたりしながら、ULTRABACKで一日の疲れを癒す…そんなリラックスタイムが楽しめます。



製品仕様








使用上の注意


本体付属のクッションはULTRABACK本体を安定させるものです。クッションを外しても姿勢サポートとしてお使いいただけます。使用する場所や使用感のお好みでつけ外してください。
マッサージヘッドはリフレッシュを目的としたものです。




Backbone(R)︎は、台湾で創業20年になる人間工学に基づいた椅子のデザインブランドです。

ULTRABACKは、その社内スタートアップとして2014年初めに香港を拠点とした独自のブランドとして立ち上げられました。

現代人の生活スタイルや身体にかかる負担を軽減するアイテムを生み出すプロダクトとして、「ULTRABACK」は位置付けられています。


Glotureについて

株式会社Gloture(グローチャー)は近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」を運営しております。

販売ECサイト
株式会社Glotureは販売代理店として自社のECサイト「GLOTURE.JP」にて本製品「ULTRABACK」を2020年11月28日より販売しております。下記のURLよりお求めください。
https://gloture.jp/products/ultraback

販売価格(全て税別表記)
8,200円(税別)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)