その他

農林水産省と連携したJapan Tea Action Projectにおいて、お茶の健康機能性に関する無料オンラインセミナーを2020年12月11日(金)に開催!

日本茶業体制強化推進協議会



 日本茶業体制強化推進協議会(事務局:日本茶業中央会)では、農林水産省と連携したJapan Tea Action Projectとして、静岡県立大学茶学総合研究センター 客員准教授 海野けい子 氏、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門ヘルスケア創出研究総括監 山本(前田)万里 氏をゲストに迎えての無料ウェブセミナー(http://www.nihon-cha.or.jp/news201117.html)を2020年12月11日(金)に開催します。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。


【セミナー概要】

 世界的に猛威を振る新型コロナ下において、国民は感染拡大防止の観点から社会・経済活動の自粛、行動変容が求められ、感染リスクのみならず心身に大きなストレスを受けています。一方、お茶は、日本文化の基礎として日本人の生活に潤いをもたらしているのみならず、心身の健康の維持・増進に貢献しています。
 そこで、今回、お茶の持つ健康機能性について、消費者の方々に専門家から最新の研究成果を踏まえた情報を提供するウェブセミナーです。イベント後半では、イベント参加者からの質問・相談にもお答えします。


【日程・申込方法】

■ 日程:2020年12月11日(金) 13:30~15:00
■ 配信サービス:Zoom
■ 視聴チケット:無料
■ 定員:200名
■ 応募〆切:12月3日(木) 24時
■ エントリーページ: http://www.nihon-cha.or.jp/news201117.html

※オンラインイベントはZoomのウェビナー機能を利用して開催します。イベント参加用URLは、参加申込者のみに表示されるメッセージをご確認ください。
※先着応募となります。応募人数に達した場合は早期終了となります。予めご了承ください。
※配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
※申込いただいた方には事前にパンフレット(茶の健康効果20選)等セミナー資料を配布します。



【ゲスト・テーマ】





●静岡県立大学茶学総合研究センター
客員准教授 海野けい子 氏
テーマ:お茶のテアニンの抗ストレス作用について




●国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
ヘルスケア創出研究総括監 山本(前田)万里 氏
テーマ:お茶の健康効果あれこれ(茶の効果20選を題材にして)


主催 日本茶業体制強化推進協議会
事務局(公社)日本茶業中央会(担当:中村、中島)
TEL:03-3434-2001 FAX:03-3459-9518
〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-5 東京茶業会館5階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)