医療・医薬・福祉

執行役員人事本部長 就任のお知らせ

アストラゼネカ株式会社

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、「アストラゼネカ」)は、2020年12月1日付で、奥村由香が執行役員人事本部長に就任することをお知らせします。

奥村由香は、州立アイオワ大学を卒業し、帰国後外資系企業に勤めた後、アメリカの大手人材組織コンサルティング会社ヒューイット・アソシエイツ(現エーオン ヒューイット ジャパン)に入社。ナイキジャパンの報酬・福利厚生マネージャーを経て、グラクソ・スミスクラインに入社しました。グラクソ・スミスクラインでは人事部門の変革の推進や、成果主義の定着に向けた新しい業績管理プログラムの導入、社員のエンゲージメントを高める取り組みをリードするなど、人事関連の必要な責務を幅広く経験しました。また、グラクソ・スミスクラインと第一三共との合弁会社であったジャパンワクチン株式会社の運営支援と解散を、HRリードとして実施した実績も有しています。ホロジックジャパンでは、人事本部長として人事業務全般を統括する一方、柔軟かつ新しい働き方の導入による社員のエンゲージメント向上、新型コロナウィルス感染拡大の対応をリーダーシップメンバーとリードしました。

奥村由香は、これまでの人事業務と社員のエンゲージメントをリードしてきた経験を活かし、アストラゼネカが進めている「Vision25」の核となる「働きがいのある職場」の実現を支える役割を担います。アストラゼネカは新たな人事部長を迎え、インクルージョン&ダイバーシティを基盤とする企業文化の中で全社員がさらに成長し、ヘルスケア分野における日本発のイノベーションを加速していきます。

奥村由香(おくむらゆか)プロフィール

1987年 州立アイオワ大学卒業
1990年 ヒューイット・アソシエイツ株式会社
1997年 株式会社ナイキジャパン
- 報酬・福利厚生マネージャー
2000年 グラクソ・スミスクライン株式会社
- 2016年より2019年まで日本法人人財担当執行役員を務める
2019年 ホロジックジャパン株式会社
- 人事部長

以上

*****

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、および呼吸器・自己免疫疾患の3つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。英国ケンブリッジを本拠地として、当社は100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comまたは、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。

日本においては、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、および呼吸器を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。当社についてはhttps://www.astrazeneca.co.jp/ をご覧ください。

プレスリリースは以下よりダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=c-24308-2020113007-4f7957bda41ec8a1dee99732570d4d4c.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)