食品・飲料 美容・健康

注目の集まる昆虫食領域で、コオロギを生産するグリラス。国内最大級の技術シーズ向けアクセラレーションプログラム BRAVE2020 にて準優秀賞を獲得!

株式会社グリラス
徳島大学発ベンチャー Gryllusは、「コオロギの飼育管理・育種」における技術を用いて日本産コオロギの量産化を目指し、良質な代替タンパク質を世界に広げることで食糧問題の解決を実現します。

株式会社グリラス(本社:徳島県鳴門市 代表取締役:渡邉 崇人。以下「グリラス」。https://gryllus.jp/)は、2020年9月及び10月に開催された BRAVE2020 にて準優秀賞を獲得しました。



【BRAVE について】
Beyond Next Ventures株式会社が運営するBRAVEは、日本の科学技術が世界を豊かにするという可能性を信じ、 革新的な技術を持って次の未来を創造する起業家を見出すための、国内最大級の技術シーズ向けアクセラレーションプログラムです。 起業家と共に、大学等の大きなポテンシャルを有する技術シーズの事業化を目指します。

【BRAVE 2020 の概要】
2018年より6度目の開催となる今回は、メディカル、アグリ・フード、DeepTechの各分野からなるPre-BRAVEと、本大会BRAVEの2段階で構成され、数多くの応募の中から、起業前/後の13チームが選抜されました。

Pre-BRAVEでは短期集中のブラッシュアップを経たあと、メンター、パートナー企業や、Innovation Leaders Programに参加する経営サポート人材と共にビジネスプランを磨き上げを行い、本大会BRAVEでのピッチを行いました。メンターとして、ベンチャーキャピタリスト、弁護士、弁理士、医師、現役の事業会社社員、起業経験者、投資経験者、ヘルスケア業界出身者、規制機関の出身者等の専門性が高く、ベンチャー支援の経験が豊かな方々にもご参画いただきました。各分野の経験豊かな専門家からのオンラインレクチャーも複数回行い、知識面を強化するとともに多くの交流機会が提供されました。パートナー企業の方々からは、各チームへのフィードバックだけでなく、ネットワークの提供、副賞・リソースの提供等、様々なサポートも提供いただきました。詳細は以下URLよりご確認ください。

参照URL:http://brave.team/blog/2020/10/29/brave-2020/

【株式会社グリラスについて】



グリラスは、昆虫研究をリードする徳島大学の知見を基礎として、2019年5月に設立されました。他の家畜に比べ生産過程において環境への負荷が著しく低く、昆虫の中でも特に飼育適正が高く食味が良いコオロギを食用に生産・供給することで持続可能な循環型社会の構築を目指します。

直近では、2020年5月には株式会社ジェイテクトと業務提携を行い、IoT技術を駆使して飼育環境を最適化するシステムなどを開発することで、食用コオロギの量産体制の構築を進めています。生産された食用コオロギはパウダー等に加工して様々な食品へと生まれ変わります。グリラスが世界で逼迫が見込まれる新たなタンパク源として人々に届けることで、食糧課題の解決に寄与してまいります。


・社名    :株式会社グリラス
・事業内容  :食用コオロギの飼育管理・育種
・代表取締役 :渡邉 崇人
・所在地   :徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島45-56
・資本金   :3,200万円
・設立    :2019年5月

【本件に関するお問合せ先】
株式会社グリラス
電話:088-661-6021 メールアドレス:info@gryllus.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)