医療・医薬・福祉

Heartseedが”Healthcare Company of the Year 2020”に選出

Heartseed株式会社
―― ヘルスケア分野で重要なインパクトを与えたことを評価 ――

心筋再生医療の早期事業化に取り組む慶應義塾大学発ベンチャーHeartseed株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:福田 恵一、以下Heartseed)は2020年11月30日、ヘルスケアインサイト誌(Healthcare Insights Magazine)が選定する2020 Healthcare Company of the Year 2020- MedTech 部門に当社が選出されたことをお知らせします。



この賞は、ヘルスケア分野で重要なインパクトを与え、顧客やパートナーからの信頼を得るために努力してきた献身的な企業を讃えるもので、今回の受賞は、Healthcare Insights社の審査委員会がアジア太平洋地域の様々な分野のヘルスケア企業を審査した結果、満場一致で当社にこのタイトルを授与することを決定したものです。

受賞の決定を受けてHeartseed 代表取締役社長の福田恵一は次のようにコメントしています。
「当社設立5周年を迎えた日に、2020年ヘルスケア・カンパニー・オブ・ザ・イヤー(Med Tech部門)に選出されたことを光栄に思います。当社は2015年11月の設立以来、ステークホルダーの皆様のご支援のもと、臨床試験開始に向けて準備を進めてまいりました。いよいよ2021年にはFirst-in-Human試験の実現に向けて大きな一歩を踏み出します。今回の受賞は、当社が開発するiPS細胞由来の心筋球移植により、リ・マスキュラリゼーションを実現するファースト・イン・クラスの治療法の可能性に期待を寄せていただいた結果だと思います」。

Heartseedは、1年前に26億円のシリーズB資金調達を発表した後、強力で多様なリーダーシップチームのもとで治験開始に向けた活動を加速させています。リードパイプラインであるHS-001は、2021年に心不全を対象とした第1/2相臨床試験(LAPiS試験)を開始する予定です。また、当社は慶應義塾大学で行われている心不全を対象とした臨床研究(IPSCS試験)を支援しています https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCTa032200189

「Healthcare Insights」誌は、アジア太平洋地域全体で74,000人以上の購読者にリーチしています。ヘルスケア業界に信頼性の高い革新的なソリューションを提供している企業を読者に紹介することを使命としています。12月号では、刺激的なアイデアと先進的なヘルスケアソリューションでヘルスケア業界の限界を押し広げてきた「2020年のヘルスケア企業」を特集しています。
記事は https://thehealthcareinsights.com/heartseed-revolutionizing-the-regenerative-medicine-industry-with-unique-portfolio-of-products/ にアクセスしてご覧ください。

以上

Heartseed株式会社 概要】
Heartseed株式会社は慶應義塾大学医学部循環器内科福田研究室のシード技術の事業化による心筋再生医療の実現化を目指して、2015年11月30日に設立されたバイオベンチャーです。これまでに40億円以上の資金調達を行い、iPS細胞から高純度の心室心筋細胞を作製し、独自開発した移植デバイスを用いて患者の心臓に移植する、重症心不全の抜本的治療法(HS-001)をはじめ、心筋再生医療の普及に必要な技術開発に取り組んでいます。これまで心臓移植でしか助からなかった重症心不全患者を治療し、かつ再生医療の産業化による日本経済への貢献を目指しています。



Healthcare Insights概要】
Healthcare Insightsは、デジタルと出版プラットフォームの両方で、読者のために質の高いコンテンツを制作することに特化した、ヘルスケアに関連するあらゆることを網羅したガイドです。ヘルスケアに関する意識を高め、医療業界に携わる専門家がヘルスケア市場の最新動向について情報を得られるよう支援することを使命としています。彼らの専門家パネルは、最も正確でインパクトのある情報のみを収集するよう努めています。Healthcare Insightsの詳細については、thehealthcareinsights.comをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)