ネットサービス・アプリ 美容・健康

世界のヘルスケア&ビューティーケア×テクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイトがオープン『intech(インテック)』https://intech.media/

ナレッジ・パースイート合同会社
コロナ禍の今こそ本当に必要な「ヘルスケア」、「医療」、「製薬」の最先端情報を!

ナレッジ・パースイート合同会社(東京都中央区:代表社員 大野涼子)は、世界のヘルスケア&ビューティーケア×テクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト『intech(インテック)  https://intech.media/』 を2020年12月1日(火)にオープンいたします。




今やテクノロジーは、ヘルスケア、医療、製薬、さらには美容を含むほぼすべての業界で日々進歩を遂げており、 私たちの日常生活において拡大、浸透し、ほぼ全ての業界に影響を与えています。 ヘルスケア、ビジネス、美容など各分野のリーダーは、情報を常に更新して 最新のアプリ、デバイス、医療の進歩に後れを取らないことが重要です。 intechは、世界のヘルスケア×テクノロジーの最新の情報をビジネスシーンにおいてどのように適用していくかをお届けします。 また、当サイトは、P&G、イオンなど国内外数社でグローバルなマーケティングに携わり、現在も製薬会社の国際事業部長を担当する、平田 貴子が運営者となります。

◆なぜヘルスケア&テクノロジーを題材にしたのか?

テクノロジーは様々な業界で取り入れられ、目覚ましい活躍を見せていますが、ヘルスケア業界においては、遅れをとっていると感じていました。ただでさえ少ないこの領域の最先端の情報は英語で発信されており、日本語の情報は、ごくわずかという現状です。そのため、日本はヘルスケア・ビューティケア×テクノロジーの分野において情報弱者となっている状況です。そのような状況を危惧し、世界の最新情報を収集し、英語と日本語の2つの言語で発信していきます。

◆なぜ今なのか?

ヘルスケアの根本は健康にあります。それは同時に全人類がベースとして望んできたことと同じです。健康こそ、人類が永遠に追い求める事象であり、今回のこのコロナ禍において、日本のみならず世界で“健康”に対する意識が高まりました。

このコロナ禍を経験した私たちに今一度、最新の情報を通してこれからの健康に目を向けてもらえるきっかけを作れればと思っています。

◆今後について

今回のコロナで、健康と同時に、都市のスマートシティの取り組みが加速してくると考えています。
ヘルスケアは全人類ののぞみであり、それを達成するにはスマートシティの概念が不可欠となってきます。
しかし、全世界でスマートシティの成功事例はそう多くありません。成功モデルとして日本が他国に誇れるスマートシティモデルになれば素晴らしいと考え、スマートシティの考えも様々な視点から最新情報を提供していきます。

最後となりますが、医療、ヘルスケア、美容などの分野におけるすべての最新情報の入手先として、 世界のヘルスケア&ビューティーケア×テクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト『intech(インテック)』を活用していただきビジネスチャンスにお役立てください。

■平田 貴子(Hirata Takako) プロフィール



【経歴】
P & G にてファブリーズ・レノアなどのヒット商品を担当後、マーケティングデザインマネージャーとしてアメリカ中国のブランディングに携わる。その後イオンのブランド戦略室ディレクターを経て現在ロート製薬国際事業部長、UCLA Executive MBA 在学中。ヘルスケア×テクノロジーの近未来メディアサイト、intech創設。 ヘルステック系トレンド、スタートアップ、イノベーション、ビジネスモデル構築、ブランディングを得意領域とし、各種コンサルティングも行う。MIT-Harvard Medical School Healthcare Innovation 唯一の日本人certificate holder。MIT Media Lab; Smart City 研究も行う。(2020年時点)


■ナレッジ・パースイート合同会社について
・業務執行社員:大野涼子
・所在地:東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビルUCF4階
・設立:2020年12月1日
・資本金:50万円
・事業内容:世界のヘルスケア&ビューティーケア×テクノロジーの最新トレンドを発信する情報サイト<intech(インテック)>の運営、文化人の育成・マネージメント・URL:https://pursuitofknowledge.life
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)