流通 美容・健康

コロナ渦の在宅勤務で腰の負担を訴える人が増加。【12/1 新発売】 はくだけでストレスゼロの男性用パンツ 「整体パンツNEW ZERO(ニューゼロ)」

株式会社ボディスプラウト
2万人を施術した猫背矯正の専門家が開発の骨盤矯正インナー

株式会社ボディスプラウト(神奈川県川崎市・代表取締役 小林 篤史)は、“男性用”の骨盤ケアインナー「整体パンツ NEW ZERO」を開発し、 12月1日に販売開始いたします。




◆在宅勤務者の7割以上で、肩・腰のコリが深刻化、一番の要因は「姿勢」
現在、新型コロナウィルス感染拡大の第3波といわれ、 再び外出・出勤の制限の議論が高まっています。 在宅勤務の会社は増加し、自宅のリビングテーブルや 床座りなど慣れない姿勢での業務が増えています。 肩こりや腰痛の深刻化を訴える人は7割を超え、その 要因は「姿勢」であるという調査結果も出ています。

(2020年3月 ピップ株式会社の緊急調査より)



◆猫背矯正の専門家が、患者さまの声を受け「日本初の男性用整体パンツ」を商品化
開発者の小林篤史は、「猫背矯正の専門家」として、これまで2万人以上の猫背矯正と、腰痛などの症状緩和に努めてまいりました。 日々忙しくする一方、ふと気づくと、4人を出産した妻がいつしか腰痛に悩むようになっていました。そこで、なんとか妻を、 そして同じような症状を持つ人々を楽にしたいという思いから、女性用の骨盤矯正ショーツを開発しました。
その後、整体院 のお客様をはじめ「男性用が欲しい」という多くのご要望に応えるかたちで、2019年6月に日本初の男性用骨盤矯正パ ンツとして「整体パンツ ZERO」を発売しました。コロナの自粛期間前後では売上が約7倍にも伸びています。今回は、要望の多かった 前開きタイプの追加と、長さや通気性などの着やすさをさらに改良した「整体パンツ NEW ZERO」を新発売します。

◆V字の引き締めネットを使用し「骨盤を立てる」ことにより、はくだけで正しい姿勢へ
「整体パンツ NEW ZERO」のコンセプトは「はくだけでストレスZEROを目指す」。

その実現の一番のポイントは、「はく骨盤ベルト」となるV字の引き締めネットを使用し「骨盤を立てる」ことにより、はくだけで正しい姿勢に導きます。それにより、腰回りの 筋肉に余計な負荷がかからず、腰への負担感の効果が期待されます。また、 コルセットのようなキツい締め付けもなく、下着として24時間着用が可能です。 在宅勤務などのデスクワークや立ち仕事時の両方で、骨盤の位置を補正し、 「ストレスZERO」の状態で姿勢を安定させることができます。

《男性用 骨盤パンツ「整体パンツNEW ZERO」の特徴》
◆はくだけで「ストレスZERO」へ

ほど良い締め付けを実現する独自の V字ネットが、着用中に骨盤をサポート。 仙骨を支え、「骨盤を立てる」ことで、はくだけで 自然に正しい姿勢に導き、腰痛の原因となる” 反り腰”を解消し、筋肉への負荷を軽減します。

◆「見せパン」にできるカッコよさ
「骨盤パンツはダサい」というイメージを覆し、ズレにくく、見栄えもカッコいいを実現しました。


◆24時間快適に着用可能
コルセットとは異なり、きつすぎる締め付けはない ので、24時間着用可能です。デスクワーク・立ち仕事はもちろん、体の力が抜けている睡眠中も骨盤ケアには効果的です。また、快適さを左右するムレにくさのため、生地にもこだわっています。


~開発者・小林篤史より~
骨盤ケアというと産後中心に女性特有のイメージですが、実は男性の方 が腰痛に悩む方が多い現状があります。男性は、腰回りを太い筋肉が覆っており、そこが固くなると腰痛やぎっくり 腰の原因となります。骨盤を正しく立てて姿勢を正すことは、男性にとっても大変重要で、筋肉の余計な緊張が 取れ、腰痛予防や緩和に効果が期待できます。 コロナ渦のデスクワーク増加を期に、 不調に悩む方からのニーズが増え、先行品の販売が伸びていました。 その中で、特に60代以降の方を中心に「前開きがあればぜひ使いたい」という声が多く、今回の商品開発を企画しました。
締め付けはほど良く快適で、 24時間着用が可能です。 ゴルフなどのスポーツ時にも最適。 年齢・シーン問わずお勧めです。

◆商品概要
【商品名】「整体パンツ NEW ZERO」 (セイタイパンツ ニューゼロ)

【カラー】 ブラック
【タイプ】前閉じ/前開き
【サイズ】 S/M/L/LL/3L
【価格】 6,900円(税抜)
【発売開始日】 2020年12月1日(火)
【販売サイト】 のびのび健康生活 https://nobinobikenko.com/
【会社HP】 https://bodysprout.com/
株式会社ボディスプラウト:044-863-7686
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)