美容・健康 デジタル製品・家電

「IoT×肌データ」でスキンケアの常識が変わるとき。変化を逃さず肌の状態を把握し、進化し続けるあなた専用のオートクチュール・スキンケア【FLES|フレス】が本格始動

BGBT株式会社
肌を知らずにスキンケアを選ぶのは過去の話。消費者の55%※がパーソナライズスキンケアを望む時代となった今、既製品から選ぶのではなく、お客様の肌データからスキンケアが作られる新しい肌時代をFLESは創る


進化する、オートクチュール・スキンケア【FLES|フレス】は、消費者が自身の肌を知ることなく、多くのスキンケアアイテムから選び続けなければならないというスキンケアの根本的な課題を解決したく、お客様が自ら自身の肌状態を知ることができ、その肌データをもってFLESがお客様に必要な処方とケアを提供、「肌課題の明確化」と「肌課題の解決」が同時にできるサービスをデザイン。手軽でありながら本格的なこのサービスは、すでに10万件以上の日本人男女の肌データが集まっており、会員の継続率は90%以上となっている。
※2020年4月実施:900名での自社調査




FLESサービスデザインのポイント

専用の肌解析IoTデバイスでお客様と肌をつなぎ、お客様ごとの肌データバンクを作ることによって、1回限りのパーソナライズで終わるのではなく、続ければ続けるほど最適化されていく仕組み

測定した肌の結果だけを機械的に反映するのではなく、お一人お一人の生活スタイルや肌ゴールも加味してパーソナライズされることによって、お客様と共に「進化し続ける、オートクチュール・スキンケアサービス」

メンバー限定LINEではいつでもスキンケア相談ができ、その内容もパーソナライズされ、テクノロジーと人の力の融合で、肌の管理からケアまで全て任せられるブランド






FLESの特徴とおすすめの方




---------------------------------------------------
FLES 立ち上げの想い
FLESでは新しい肌時代を創りたいと考えています。今さまざまな技術や美容成分が出てきていますが、その方ならではの肌状態と目指すゴールによって、今取り組むべき課題、踏み出すべき一歩は異なります。今の流行りではなく、今の自分にとって必要なものを。悩みながらもスキンケアを諦めずに続けている全ての方のためにも、課題解決型ブランドのFLESだからこそできることをとことん突き詰め、これからも進化を続けていきたいと考えています。(執行役員CMO 小林真子)
---------------------------------------------------



ブランドデザイン


自身の変化を映し出す「鏡」のような美容サービス

世界的デザイナーである佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoと共同開発。「肌測定→美容クリームの処方→パーソナライズされたケア→再び肌測定」というサイクルによって日々刻々と変化する肌の状態にタイムリーに最適化されたサービス形態は、常に自身の変化が反映される様子がまるで「鏡」のようであることから、「SELF(自分)」という文字がミラー反転した「FLES」というネーミングに。



選べる2つの「プティ・オートクチュール」コース

本気で肌と向き合いたい方向けの入会制ブランドとなっており、入会費2,000円(税別)+メンバー費12,500円(月額/税別)でスタートできる。FLESライトには肌測定に加えて角層細胞レベルでスキンケアが可能な光トリートメント機能も付いており、入会する際には2つのコースより選択できる。





ご入会方法

お客様自身を映し出したオートクチュール・スキンケアを始めるために、FLESのブランドサイトでまずは23問のFLES肌チェックにしっかりと回答いただく。
<FLES公式サイト> https://www.fles-self.com/

---------------------------------------------------


進化する、オートクチュール・スキンケア【FLES|フレス】とは


専用の肌解析IoTデバイスでお客様と肌をつなぐことによって、最適な処方とケアをお届けする、他の誰でもない、自身のためにパーソナライズされるオンライン美容サービス。自宅にいながら本格的な肌測定と光トリートメントができるIoTデバイスと、肌データをもとにその時の肌に必要なパーソナライズ美容クリームを毎月(30日毎)お届けする、進化型のサブスクリプション・スキンケアサービスです。
<公式サイト>    https://www.fles-self.com/
<公式Instagram> https://www.instagram.com/fles.official/

---------------------------------------------------

■本リリースに関するお問い合わせ先
BGBT株式会社
e-mail:press@bgbt.jp  担当:小田原・田嶋
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)