医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

【おいしい健康】田辺三菱製薬株式会社とALS患者さん向けコンテンツでコラボ。「世界を旅するALSレストラン」を公開しました

おいしい健康
食を通じて病気のない世を作り出す「フード×ヘルステック」スタートアップの株式会社おいしい健康はこのたび、田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野裕明)との取り組みを開始いたしました。取り組みの第一弾として、ALS患者さんにむけた情報サイト『ALS ACTION!』にて、ALS患者さんが楽しめる世界料理のレシピをご紹介するコンテンツ「世界を旅するALSレストラン(https://als-station.jp/alsaction/restaurant/vol1/)」を公開致します。



「世界を旅するALSレストラン」
https://als-station.jp/alsaction/restaurant/vol1/

■「世界を旅するALSレストラン」について
筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだん動かなくなっていく難病です。ALSの治療では体重を減らさないことが大切であり、そのためにはいつまでも食べる楽しみをもっていただくことが重要です。

海外旅行に行きたい。
そんなALS患者さんの願いを叶えるために、おうちにいながらにして旅行気分を味わえる、特別なレストランを企画しました。
世界各国を巡りながら、ALS患者さん向けにアレンジした世界の料理をご紹介します。どのレシピも、手に入りやすい材料を使って、おうちでも簡単にできるように工夫しました。世界中のおいしい料理を楽しんで、味覚の世界旅行へご案内します。




<特徴>

・ALS患者さん向けに嚥下や栄養価に配慮した世界の料理をご紹介
・どのレシピも、手に入りやすい材料を使って、おうちでも簡単にできる
・世界の料理やその国の観光地・文化をご紹介し、「まるで海外旅行に行った気分」を味わえる






第一弾では、日本から行きやすい東南アジアの世界遺産と食を巡るツアーへご案内します。今後も世界のさまざまな地域のコンテンツを順次追加してまいります。

「ALS ACTION!」の概要

ALSという病との闘い、日々の何気ない幸せ、どちらのリアリティもここにはある、がコンセプトの、ALS患者さんたち みんなが主役の情報サイトです。
https://als-station.jp/alsaction/index.html

「ALSステーション」の概要
ALSの病態・治療から周辺知識、各種サポート体制など、さまざまな情報をわかりやすく紹介しています。
https://als-station.jp/

■ALS(筋萎縮性側索硬化症、Amyotrophic Lateral Sclerosis)とは

ALSは運動神経が選択的に変性・消失し、四肢、呼吸、発語、嚥下等に関する筋力の低下と筋萎縮が進行性に起こる神経変性疾患です。病勢の進展は、比較的早く、人工呼吸器を用いなければ生存期間は通常2~5年と言われています(個人差が非常に大きい)。ALSの発症はフリーラジカルによる酸化ストレス傷害が原因の一つと考えられていますが、原因は特定されておらず、治療法は確立されていません。

■田辺三菱製薬の概要
田辺三菱製薬は、1678年に創業、日本の医薬品産業発祥の地である大阪の道修町に本社を置き、医療用医薬品事業を中心とする製薬企業として、最も歴史ある老舗企業の一つです。「医薬品の創製を通じて、世界の人々の健康に貢献します」という企業理念のもと、中期経営計画16-20では「Open Up the Future-医療の未来を切り拓く」をキーコンセプトと定めました。重点疾患領域である「炎症免疫」「糖尿病・腎」「中枢神経」「ワクチン」を中心に、アンメット・メディカル・ニーズに応える医薬品の創製を通じて、世界の患者さんの健康に貢献していきます。
https://www.mt-pharma.co.jp/

「世界を旅するALSレストラン」
https://als-station.jp/alsaction/restaurant/vol1/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)