インテリア・雑貨 医療・医薬・福祉

【Withコロナの新商材】”ミウラ折り”を活用した「大人のマスクケース」を開発!クラウドファンディングをスタート

miura-ori株式会社
マスク生活における困りごとを解消するために、宇宙構造工学の技術である”ミウラ折り”を活用した「大人のマスクケース」を開発。クラウドファンディングサイト「READYFOR」に出店いたします。

miura-ori株式会社(東京都港区)は、宇宙構造工学の技術であるミウラ折りを活用して、withコロナに役立つ新商材「大人のマスクケース」を開発し、先行試作販売として、クラウドファンディングサイト「READYFOR(レディーフォー)」に出店することとなりました。


■開発の背景


新型コロナウイルスの影響により、マスクの着用が習慣化された昨今、外したマスクの置き場所に悩む人が急増しています。

その中でも、食事中のマスクの置き場所に困っている人が多く見受けられ、多くの方がテーブルの上にそのまま放置しておくか、四つ折りに畳んでバッグやポケットにしまっておくかといったように、衛生的な保管方法を見出せずにいるようでした。

そこで我々miura-ori株式会社は、宇宙構造工学の技術であるミウラ折りを使って、マスク生活における「マスクの置き場所がない」という課題を解決できるのではないかと考えました。

ミウラ折りとは、最小限の力で大きなものを小さく折りたたむことができる、折り方の技術です。開閉効率に優れていることから、パッと開いてサッと閉じれるのが最大の特徴で、この技術をマスクケースに応用することを考えました。

そして開発されたのが、今回クラウドファンディングに出店している「大人のマスクケース」です。

■ 商品の特徴


商品の特徴は、大きく3つあります。

・ポケットに入るほどコンパクトにたためる


大人のマスクケースは、ケースをミウラ折りにたたみ、折り目の間にできる空間にマスクを差し込んで使用します。ミウラ折りの技術を用いているため、カバンの小ポケットに入るほどコンパクトに折りたためるのが特徴です。また、たたむ動作が非常に簡単であることも特徴のひとつ。ケースにマスクをあてがい、左右から押すだけで折りたたむことができます。ワンアクションで開閉ができるので、マスクをしまうときに煩わしい思いをすることはありません。

・大人でも使いやすい上品なデザイン


商品タイトルにもある通り、こちらのアイテムは大人が使いやすいことを意識しております。そのため、デザイン面において、人前でも気兼ねなくお使いいただけるような上品さをテーマとしました。具体的には、黒・赤・ピンクといった3つの色を展開したり、ケース表面に疑似エンボス加工を施したりなどして、上品さを演出しています。また、絶妙な透け感があることも、デザイン面における特徴のひとつです。光があたると、模様と模様の間にある透明な部分が光を通し、柄が浮かび上がるような印象を与えます。

・繰り返し使える丈夫な素材


素材には、ポリプロピレン素材を使用しました。水に強く耐久性に優れた素材のため、洗って繰り返し使っていただくことができます。

■ 販売について


「大人のマスクケース」は、まだ試作段階のため一般販売を行っておりません。クラウトファンディングサイト「READYFOR(レディーフォー)」にて先行試作販売を行っており、β版を低コストで皆様にご提供しておりますので、ぜひこちらからご支援いただけますと幸いに存じます。

「大人のマスクケース」は、コロナ禍の辛い状況ではありますが、皆様の日常を少しでも快適にお過ごいただければという想いを込めて製作した製品でございます。開発に至るまでのストーリーやご支援いただいた方へのリターンの詳細などにつきましては、READYFORの中で詳しく記載しておりますので、ご興味のある方はぜひ下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

▼クラウトファンディングについて
期間:2020年11月27日(金)~2021年1月12日(火)23:00
目標金額:300,000円
URL:https://readyfor.jp/projects/miuraori-maskcase





▼miura-ori株式会社について
会社名:miura-ori株式会社
所在地:東京都港区芝1-4-1 芝コバヤシビル3F
TEL:03-6457-7310
HP:https://miura-ori.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ
TEL:03-6457-7310
MAIL:sales@miuraori.biz
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)