その他 美容・健康

卓球×カフェで健康に!内閣官房創設の「beyond2020マイベストプログラム」に「桑名卓球珈琲(カフェ)」が認証

株式会社ポニーキャニオン
三重県桑名市が推進する「卓球珈琲(カフェ)」

三重県桑名市が推進する「卓球珈琲(カフェ)」は、2019年5月8日(水)、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が認証する「beyond2020マイベストプログラム」において、自治体が住民向けに実施する事業として初めて選定されました。


  左:事務局長(内閣官房参与) 平田 竹男    右:桑名市長 伊藤 徳宇 【提供:Rallys】

 三重県桑名市が推進する「卓球珈琲(カフェ)」が、2019年5月8日(水)、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局で創設した、自己ベストを目指す個々人の取組を支援する事業・活動の認証を行う「beyond2020マイベストプログラム」において、自治体が住民向けに実施する事業として初めて認証されたことをお知らせいたします。桑名市としては、株式会社ポニーキャニオン内に設置されている桑名市東京PR事務局を起点に、今後も認知浸透に努めて参ります。


〇卓球珈琲(カフェ)とは



 桑名市(三重県)とネスレ日本など5者が公民連携で仕掛ける「卓球珈琲(カフェ)」は、同市の城南まちづくり拠点施設内に作られ、卓球台とカフェマシーンを設置して自由に卓球とカフェを楽しめる場を提供するものです。卓球とカフェを通じて、健康増進や集いの場づくりを行い、地域が交流し、元気で活力ある健康なまちづくりの推進を図ることを目指しています。


〇beyond2020マイベストプログラムとは

beyond2020マイベストプログラム ロゴマーク

 2020年東京大会における大会ビジョンでは、「全員が自己ベスト」、「多様性と調和」及び「未来への継承」という3つの基本コンセプトが掲げられています。
 大会に参加するアスリートだけでなく、一人ひとりが2020年東京大会を契機に健康面等での「自己ベスト」を目指して行動変容に取り組む環境を提供するため、健康面等での自己ベストを目指す個々人の取組を支援する事業・活動を、内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が「beyond2020マイベストプログラム」として認証する制度です。


〇登録の背景

 卓球とカフェを通じて、健康増進や集いの場づくりを行い、地域が交流し、元気で活力ある健康なまちづくりの推進を図る桑名卓球珈琲の取り組みと、beyond2020マイベストプログラムのコンセプトが合致することから、2019年5月8日(水)に正式に認証されました。「桑名卓球珈琲(カフェ)マイベスト応援プログラム」は、9 件目の認証事業であり、自治体が住民向けに実施する事業としては初の取組となります。

他の地域にとってモデルとなるものとして、期待がされており、今後の当施設の運営と成果に注目が集まります。






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会