医療・医薬・福祉

『肉親や大切な人』への『人間ドック』プレゼント 返礼品~福島市ふるさと納税に新登場~

一般社団法人 福島市観光コンベンション協会
コロナ禍で年末帰省を控える福島出身者の『親孝行』と、コロナ禍で頑張る福島市内『医療検診機関』を応援!! 

福島市ふるさと納税は、福島市や市内医療検診機関(6施設)と連携し、コロナ禍で帰省を控える出身者による肉親や大切な人の健康への気遣いを受け止め、出身者からふるさと在住の肉親や大切な人向け『人間ドックプレゼント』返礼品の取扱いを開始しました。 ◆12月1日より公開/「ふるさとチョイス 福島市」紹介ページ https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/07201/8257?city-product_original




故郷を離れた出身者にとって、地元で暮らす肉親や大切な人が外出を控えがちな日々の中で、コロナ疲れやコロナ太りにならずに元気で生活してくれることを心から願っているものの、帰省すらままならないため、面と向かっていない分、健康への心配が尽きないことでしょう。

11月後半から感染再拡大局面へと転じた結果、直近の調査では、年末帰省をしないと回答した方が過半数を超えるなど、心配が尽きない状況が更に続くと思われます。
一方、4月以降の感染急拡大により受診者が激減してしまった医療検診機関は決して少なくなく、市民生活にとても重要な医療検診機関への応援の必要性が高まっていました。

その様な状況を受け、夏季に発表した『お墓参り代行プラン』に続き、ふるさと納税返礼品を介して、コロナ禍で生じた『困りごと』解消に少しでも寄与すべく、本プランを用意しました。なお、広く参加を募ったところ、6機関から協力の申し出がありました。

本プランは、あくまで受診権利の取得で、その有効期間を6カ月間としたため、コロナ感染が落ち着いた時期を見計らって予約することが出来、ご利用しやすいのが大きな特徴です。




故郷を離れた出身者による『親孝行』と、地域の『医療検診機関』、それぞれに対する応援を目的とした本プランをよろしくおねがいいたします。

《福島市ふるさと納税返礼品「人間ドック」プラン概要》
・12月1日より公開/「ふるさとチョイス 福島市」紹介ページ
https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/07201/8257?city-product_original
・参画検診施設 福島市内6機関 
1.済生会福島総合病院
2.福島西部病院健診センター
3.あづま脳神経外科病院
4.きらり健康生活協同組合 須川診療所
5.公益財団法人福島県保健衛生協会
6.公益財団法人福島県労働保健センター
・寄附金額 41,000円~202,000円
・備考 コロナウイルス感染症流行状況により施設の受け入れ体制が変更になる場合もございます。

≪本件に関するお問合せ先≫
福島市観光コンベンション協会
福島県福島市五月町10-17酪農会館303 
TEL 024-563-5554(9:00~18:00)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)