医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

オムロン ヘルスケアが協賛する日本高血圧学会「高血圧に関する川柳・標語コンテスト2019」受賞作品の結果発表

オムロンヘルスケア株式会社

 特定非営利活動法人日本高血圧学会(理事長:伊藤 裕)と特定非営利活動法人日本高血圧協会(理事長:島本 和明)が主催し、オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)が協賛する、「高血圧に関する川柳・標語コンテスト2019」の受賞作品が決定し、5月12日(日)に福岡県・久留米市で開催された第8回臨床高血圧フォーラムにて、発表、受賞式が開催されました。

 「高血圧に関する川柳・標語コンテスト(以下本企画)」は、一般市民の血圧と健康に関する意識向上を目的に、日本高血圧学会と日本高血圧協会が主催して2016年から実施している取り組みです。本企画では、応募時に高血圧に関して考えてもらうだけでなく、入選した川柳/標語を広く伝えることで、生活習慣改善や健康向上について考える機会を提供します。

 今回は、川柳7873作品、標語総数2608作品、川柳・標語甲子園531作品の合計11,012の応募がありました。4回目となる本年の応募作品では、新元号やAIといった話題を取り入れたものや、高血圧予防改善の取り組みとして減塩を取り入れた作品も多くみられました。

【2019年の受賞作品】
■川柳受賞作品
<最優秀作品>
「減塩!」と 手塩にかけた 子に言われ (山川 真季さん)
<日本高血圧学会賞>
可視化する 見えない病気の 足音を (加藤 美里さん)
<オムロン ヘルスケア賞>
健康の 転ばぬ先の 血圧計 (磯崎 彰美さん)
<テレメディーズ賞>
血圧値 注意してねと AI(愛)の声 (星野 のぶこさん)
<優秀賞>
血圧の 偽装わが身に 跳ね返る (荻野 直樹さん)
<入選>
減塩が 今では妻の おもてなし (眞鍋 信二さん)
減塩の 自己申告は 甘くなる (志村 紀昭さん)
高血圧 #Me Too 続出 同窓会 (鈴木 基之さん)

■標語受賞作品
<最優秀作品>
目指せ減塩日本 食べ方改革 (生駒 大吾さん)
<日本高血圧学会賞>
生涯減塩 (山田 ショウコさん)
<オムロン ヘルスケア賞>
血圧ヨシ! 体調ヨシ! 人生ヨシ! (仲田 誠さん)
<優秀賞>
ハカル→ワカル→カワル (笠原 光恵さん)
<入選>
オッケー、血圧? (高橋 里美さん)
血圧を測って延ばそう 健康寿命 (佐々木 友美さん)
ボーっと塩摂ってんじゃねーよ! (角森 みゆきさん)
ろくでなし?いいえ、お塩は6でよし (見澤 富子さん)

■川柳・標語甲子園(高校生部門)
<最優秀作品>
しょっぱくて いいのは汗と 涙だけ (田中 優輝さん)
学校で もっと教えて 高血圧 (田中 優輝さん)
父肥満 母は不満で 僕不安 (益子 大輝さん)
血圧と 意識の高さは 反比例 (益子 大輝さん)
摂り過ぎは ナメクジ並みに 身を崩す (矢島 俊介さん)
運動と減塩 合わせ技一本 (矢島 俊介さん)
その食事 命のろうそく 大丈夫? (星野 尚哉さん)
「こい」かなと 傷んだ胸は 高血圧 (星野 尚哉さん)
その食事 君の未来を 暗示する (若林 昴己さん)
血圧計 新元号の ニューファッション (若林 昴己さん)


受賞作品は、下記からもご覧いただけます。
■日本高血圧学会ホームページ
http://www.jpnsh.jp/info_senryu.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会