医療・医薬・福祉 美容・健康

<男性の眉毛ケアに関する意識調査>自分の眉毛に対する”自信度”は平均48.7%と自信薄!?新元号・令和時代の理想の男性眉は“しっかりナチュラル”

ウィメンズヘルスクリニック東京
―近年、男性にも注目を集める”メディカルアートメイク”とは?―

頭髪治療や皮膚治療などで専門外来を展開するウィメンズヘルスクリニック東京(所在地:東京都千代田区、院長:浜中聡子)は、昨今男性の美意識が高まるにつれて、一般的になってきている男性の眉毛ケアについて意識調査を行いました。その調査結果と、近年男性にも注目を集めつつある眉毛の “アートメイク”について、ご紹介します。


■「身だしなみ」や「清潔感アップ」を目的に、約半数の男性が眉毛ケアをおこなっている
意識調査によると、現在眉毛ケア※1をしている男性は約半数(53.8%)、特に20代男性だけで見ると約7割(68.0%)にのぼりました。またケアする人の理由としては、「おしゃれ(ファッション)として」(16.7%)というより、「身だしなみとして」(76.9%)や「清潔感をアップするため」(41.7%)といった理由を挙げる人が多く、眉毛ケアは身なりを整え、清潔さを保つための最低限の行為という認識が多くを占めていることがわかりました。
※1: 自分でのケアだけでなく美容院・床屋・専門サロン等、他人によるケアも含まれます

■ケア意識が高まる一方で、半数近くが眉にコンプレックスを抱え“自信度”も平均48.7%とやや低め
約半数の男性が眉毛ケアをし、ケア意識も高まりを見せる一方で、全体で半数近くの男性(44.8%)が自分の眉毛にコンプレックスを抱え、特に20代男性に絞ると6割近く(58.4%)がコンプレックスや悩みを抱えているという結果になりました。さらに自分の眉毛にどのくらい自信をもっているかの“自信度”を選択してもらったところ、全体で7割弱(66.0%)の男性が、「50%」以下を選択、全体の“自信度”を平均すると48.7%となり、あまり自分の眉毛に自信を持っていない傾向にある結果となりました。

Q.自分の眉毛の“自信度”
Q.自分の眉毛に、コンプレックスや悩みはありますか?

■4割近くが適切なケア方法がわからず、7割以上が眉毛ケアでの失敗経験を持っている
眉毛ケアをする男性のうち、ケアをしている上での悩みで一番多かったのは「そもそも正しいケア方法がわかっていない(36.8%)」となりました。ケア意識は高まるものの、どうケアして良いかわからないという悩みを抱える男性は少なくないようです。その次に多い悩みとして「面倒くさい」(33.8%)、「自分に似合う眉がわからない」(29.7%)が挙がりました。
さらに、「これまで眉毛ケアで失敗をした経験はありますか?」という質問に対し、7割以上(72.9%)の男性が眉毛ケアでの失敗を経験していることがわかりました。その内訳としては、「細くなりすぎてしまった」(32.3%)、「左右で仕上がりが違ってしまった」(28.3%)等が挙げられ、ケアの結果、眉が不自然になってしまった失敗経験を持つ男性が多いことがうかがえます。

Q.眉毛ケアをしているうえで困っていることはありますか?

■ 男性が理想とする眉毛は「アクティブな印象のしっかりとしたナチュラルな眉」
理想とする眉毛を選んでもらった結果、クールな印象の細い眉や、シャープな眉山の上がった眉よりも、しっかりとしたナチュラルな眉を約半数の男性が選択しており、「お手入れしている感」が出る眉よりも、自然な印象の眉のほうが好まれる傾向にあることがわかります。

Q.理想の眉毛の形状は?

意識調査結果をまとめると、現在では男性の約半数がなんらかの眉毛ケアをおこなっており、ケア意識も高まる一方で、自分の眉毛にあまり自信が持てず、コンプレックスや悩みを抱えていたり、失敗経験を持つ男性が少なからずいるようです。またケアするうえでも、そもそも正しいケア方法や似合う眉がわからなかったり、ケアが面倒という悩みがある傾向にあります。これらの悩みを解決し、理想とするしっかりとしたナチュラルな眉に近づくケアとして、医療機関で行う“メディカルアートメイク”についてご紹介します。

男性にも注目を集めつつある“メディカルアートメイク”とは?
メディカルアートメイクとは、眉などの皮膚の表皮部分だけにニードル(針)で色素を入れ、肌を染色させる施術であり、医療機関で医師の指示のもと行う安心安全な医療技術です。美しくかつ自然に眉を創り上げることができます。刺青とは違い、痛みが少なく、数年で色が薄くなっていきます。
「眉毛をどうケアして良いかわからない」「手入れが面倒くさい」といった悩みを抱える人にも最適な眉毛ケアであり、近年では男性でも施術を受ける人が急増しています。

アートメイク施術前後

ウィメンズヘルスクリニック東京のアートメイクの特徴
男性の眉毛ケアの意識の高まりにつれて、当院でも眉のアートメイクを希望される男性の患者数が増加傾向にあります。ウィメンズヘルスクリニック東京では、メディカルアートメイク歴27年・施術件数約8,000件の豊富な経験をもつ専門看護師が在籍しており、女性だけでなく男性にも最適な施術を提供しています。
丁寧なヒアリングを行ったうえで、顔の骨格・筋肉の動きを考えてデザインを提案させていただきます。
また、カウンセリングからデザイン決め、施術、アフターフォローに至るまで、一貫して経験豊富な看護師が担当いたします。
当院では男性患者の方が院内で女性患者の方と合わないよう配慮もしており、男性でも安心して受診していただけます。
詳細はこちらから:https://artmake-clinic.com/mens_mayu/

【男性におすすめ!マイクロブレーディング法】PICK UP!
マイクロブレーディングは眉毛を1本1本描き、毛流れを作っていくアートメイクの技法のひとつです。眉毛があるように、線を1本1本入れていくので、ナチュラルで施術直後の仕上がりの美しさが特長であり、ウィメンズヘルスクリニック東京でも昨年新しく導入し、注目を集めています。

マイクロブレーディング法施術前後

ウィメンズヘルスクリニック東京
所在地:東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F
TEL:03-5224-6661 URL:https://www.womenshealth-tokyo.com/
ウィメンズヘルスクリニック東京は、女性ホルモンを中心とした「ホルモンバランス」に着目した女性医療を提供するクリニックです。薄毛治療や美肌治療、点滴療法や更年期障害に対するホルモン補充療法など、女性の健康をトータルサポートする治療を行っています。カウンセリングに重点を置いたメディカルアートメイクも男性・女性問わず提供しています。

<調査概要>
調査名: 男性の眉毛ケアに関する意識調査
調査対象:全国20代~50代の男性500名(各年代125名)
調査方法:インターネット調査
調査時期:2019年4月実施
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会