美容・健康 その他

「一般社団法人日本MA-T工業会」に設立伴い、リミックスポイントの特別会員への加入が承認されました

株式会社リミックスポイント
株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都港区六本木三丁目2番1号、代表取締役社長CEO 小田玄紀)(以下「当社」といいます。)は、MA-T(Matching Transformation System:要時生成型亜塩素酸イオン水溶液)(以下、「MA-T」といいます。)の普及と価値向上を図る目的として設立された、一般社団法人日本MA-T工業会(事務局:東京都千代田区、代表理事:川端克宜)(以下、「日本MA-T工業会」といいます。)の特別会員となりましたので、お知らせいたします。




また12月1日、日本MA-T工業会設立や、日本MA-T工業会とアース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:川端克宜)による、MA-Tに関する最新研究成果の発表並びに加盟企業による各領域での技術開発の可能性を共有する、記者発表会も開催されております。




世界規模で感染症対策が喫緊の課題となっている今、革新的な酸化制御技術であるMA-Tの産官学によるオープンイノベーションは、日本をはじめ世界への影響を期待できるものです。記者発表会では、MA-Tを使った新型コロナウィルス(COVID-19)に関する研究や、その他MA-Tを活用した最新の研究成果が発表され、それらの中には世界初の研究成果も含まれました。




MA-Tとは


  株式会社エースネットが17年の歳月をかけて開発した、高い除菌力と高い安全性の両立を実現する除菌・消臭剤のシステムで、多くの公共交通機関、ホテルなどで採用されております。また、公共交通機関のトイレでは除菌・消臭を目的に噴霧も行われています。


 これまでに、MA-Tの消毒効果については、2002年、2012年にそれぞれ流行したSARSコロナウイルスおよびMERSコロナウイルスが、MA-Tを0.01%含む水溶液によって有効に消毒できることが実証されていました。新型コロナウイルスに対しての効果も明らかとなり、医療現場における二次感染の防止のほか、マスクや防御服に対しても消毒して直ぐに使うことのできる液剤として役立つことが期待されます。






日本MA-T工業会とは


 日本MA-T工業会は、MA-Tの普及と価値向上を図る目的で設立されました。今後我が国の科学技術の向上及び国民の豊かで健康な生活の確保に資する「MA-T活用のプラットフォーム」となり、オープンイノベーションを推進していきます。

 また、本工業会には、MA-Tの幅広い応用が期待されており、感染症分野はもちろん医療・ライフサイエンス・エネルギー・素材開発などに関わる企業が参画しています。そのため異業種交流・異分野連携の促進により、日本の英知が結集し、今後グローバル展開の加速が期待されます。







リミックスポイントが日本MA-T工業会の特別会員に


 日本MA-T工業会認証(MA-T JAPAN認証)とは、一般社団法人日本MA-T工業会が定めたMA-T認証・登録の基準に適合する商品を日本MA-T工業会認証審査委員会の審査によって認証するものです。リミックスポイントは本工業会における特別会員となり、今後MA-T製品及びその関連製品の開発・製造・販売をはじめ、MA-Tを社会に正しく啓蒙する活動を行ってまいります。

なお、MA-T製品の詳細に関しましては、当社における販売時期が確定次第、改めてお知らせいたします。


 リミックスポイントグループでは、今後もSDGs推進企業としてエネルギー問題や感染症対策に邁進し、社会の持続性に役立つサービス・事業を実現してまいります。これからのリミックスポイントグループの取り組みにご期待ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)