デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

胃腸症状を改善する家庭用管理医療機器~WEB販売向け電解水素水整水器『TRIM ION CURE』新デザインを発売~

株式会社日本トリム
女性目線で開発したキッチン空間になじむシルバーベージュカラーを採用

整水器を製造販売している株式会社日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)は、女性目線で開発を進めキッチンになじむデザインを取り入れた「連続生成型電解水素水整水器 TRIM ION CURE」を、2020年12月8日より発売します。


【TRIM ION CURE】 さまざまなキッチンデザインに合わせやすいシルバーベージュカラー

TRIM ION CUREは、インターネットによる直販用に開発した新デザイン製品です。キッチン空間になじむカラーとして、当社製品で初めてシルバーベージュを採用しました。当社の主力製品であるGRACEに比べ44%程度安い提供価格とし、初めて整水器を利用するユーザーをターゲットとしています。ボタンひとつで電解水素水*、浄水、酸性水を簡単に選択することができ、胃腸症状を改善する効果が認められた管理医療機器です。
【TRIM ION CURE】 シンクサイドにスッキリ置けるコンパクトタイプ

キッチンに最適なカラーとコンパクト設計
TRIM ION CUREは、日々のお料理や洗い物など、キッチンで水を使用することが多い女性の目線で開発しました。カラーデザインは様々なキッチンの空間になじむシルバーベージュです。サイズは奥行き11.25cm、高さ・幅ともに約24cmで正方形タイプのコンパクトな製品は、シンクサイドにすっきりと置くことができます。



「電解水素水」「浄水」「酸性水」の3種類の水を生成
TRIM ION CUREは、「電解水素水」「浄水」「酸性水」の3つの水を簡単に使い分けることができます。「電解水素水」は胃腸症状の改善効果が認められております。また、野菜洗いやお米を研ぐ・炊くなど、料理にも活用することができます。「浄水」は、赤ちゃんのミルクづくりや薬の服用に利用できます。また「酸性水」は、肌に近い弱酸性のため、毎日の洗顔や手洗いの回数も多くなっている今、肌に優しく洗うことができます。


免疫力の維持向上のために“腸内環境”を整える
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続くなか、ウイルスから身を守るためにも免疫力維持向上への意識が高まっています。免疫細胞は腸内に6割以上あると言われ、免疫力を向上させる鍵のひとつとして“腸”が注目されています。腸内環境が良くなければ正常な免疫力は発揮できません。電解水素水は整腸作用があり、今大変注目されています。


*電解水素水:浄水した水を電気分解することにより水素を含んでいることが特徴のアルカリ性の水です。水を電気分解することで、プラスイオンであるミネラル類(カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン等)が原水よりも約5~20%増加します。

【製品概要】

・製品名:電解水素水整水器 TRIM ION CURE(トリムイオンキュア)
・医療機器製造販売認証番号:226AGBZX00022000
・効果:胃腸症状の改善(胃もたれや胃の不快感をやわらげます。胃腸の働きを助けお通じを良好にします。)
・本体標準価格:151,800円(税込)
・本体重量:約2.8kg
・本体寸法:234(W)×239(H)×112.5(D)mm
・発売開始日:2020年12月8日(火)
・商品詳細ページ:https://www.nihon-trim.co.jp/lp/cure_share_no1_a?1207pr
※商品詳細ページは12月8日(火) 9時に掲載します。

■日本トリムとは
株式会社日本トリムは、医療機器である電解水素水整水器製造販売を主軸とした事業を展開しています。当社は世界に先駆けて水が持つ機能に着目し、25年以上にわたる産官学共同研究により健康に寄与する電解水素水の機能、有用性を追求しています。現在では、電解水素水の活用は飲用にとどまらず、血液透析における次世代新規治療法や農作物の栽培など様々な分野へと応用し展開しています。また、グループ会社では国内最大の民間さい帯血バンク事業を展開するなど、日本トリムグループはグローバルなメディカルカンパニーを目指しています。


■会社名/株式会社日本トリム
□設立年月日:1982年(昭和57年)6月12日
□代表取締役社長:森澤 紳勝 (もりさわ しんかつ)
□資本金:992,597,306円
□従業員数:575名(関連会社等を含む)
□企業ホームページ:https://www.nihon-trim.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)