ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

【在宅医が提供する】在宅療養支援オンラインプラットフォーム、今月リリース!!

Healthcare Ecosystem株式会社
「ずっとおうちで」を支援したい

Healthcare Ecosystem株式会社(本社:静岡県磐田市 代表取締役:安間章裕(医師))は、12月20日に、在宅介護をしている方およびケアマネジャー向けの無料サービスを静岡地域で開始する。このサービスでは、医師への在宅医療相談、在宅サービスのマッチングなどを提供する。現在、READYFORにてクラウドファンディングも鋭意公開中(https://readyfor.jp/projects/care-eco)。


他に類を見ない勢いで進む高齢化の中、人生の晩期まで「ずっと住み慣れた場所で過ごしたい」と思っている人は少なくありません。厚生労働省が施行した全国アンケートでは、最大約半数の方が自宅で晩期を過ごすことを希望しているという結果でした。その理由は、「住み慣れた場所で、自分らしく過ごしたいから」が最多でした。
代表である安間はもともと内科医でしたが、茨城県での在宅医療立ち上げを経験し、自宅など住み慣れた場所で最期まで過ごすことの素晴らしさを目の当たりにしてきました。
しかし、その実現は簡単ではありません。人口動態調査によると、自宅で最期を迎えられる方はたった13.7%です。住み慣れた場所で過ごせなくなってしまう理由はたくさんありますが、その一つに周りの方々の不安が挙げられます。私たちHealthcare Ecosystem株式会社は、その不安を無くせるよう、介護する方、ケアマネジャーさんはじめ在宅療養で困っている人と、それを解決できる人を繋ぐオンラインプラットフォーム【ケアエコ】を12/20に立ち上げます!


■ケアエコでできること
1. ケアマネジャーさんのための在宅介護サービスの検索・マッチング
在宅療養を無理なく続けていくためには、その方に合わせた様々な種類の在宅介護サービスを組み合わせて活用していくことが肝心ですが、現状ではケアマネジャーさんがその調整に大変労力を要しています。
そこで、ケアエコではその手間を無くすために、サービスの検索、マッチングが行えます。
名称や場所だけでなく、雰囲気も伝わる情報を掲載し、合うところが探せます。しかも空き情報がリアルタイムで見ることができ、申し込みもオンラインで可能です。
さらに、介護保険外のサービスも掲載していくため、困ったときに必要な情報がワンストップで入手できます。
また事業所様は、空き情報を公開することによって効率的に稼働を上げることができ、経営の安定化につながります。

2. ケアマネジャーさんのための医師による在宅健康相談
在宅療養では、通常かかりつけの医師がおられると思いますが、主治医の先生に詳しくお話を聞きたくても、ご多忙でなかなか時間が取れないのが現実です。そのような中、ご家族の方やケアマネジャーさんは不安な気持ちがどんどん大きくなってしまうのでないでしょうか。
そこで、ケアエコでは、在宅医療経験のある医師に健康状態について無料で相談ができます。
(※治療方針等個別のご質問にはお答えできません)


3. ドクターによる在宅療養特化型メディア
専門家が監修した、在宅療養を続けていくにあたって役立つ情報が入手できます。








まずは静岡県内を対象エリアとしますが、今後他地域への拡大も検討しております。
私たちは、すべての人にとって「最期までお家で過ごせる」ことが当たり前の選択肢の一つにできる社会の実現を目指しています。
私たちの趣旨にご賛同頂ける事業者様、行政関係者の方、ぜひご連絡をお待ちしております。

クラウドファンディング情報:
READYFOR プロジェクトページ(https://readyfor.jp/projects/care-eco)

【お問合せ先】
Healthcare Ecosystem株式会社
メールアドレス:info@care-eco.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)