美容・健康

HempMedsCBDロールオンを含むパーソナルケアラインを伊勢丹新宿店ビューティアポセカリーにて12月10日より店頭販売スタート

株式会社ボタニカル
CBDオイルを世界で初めて発売したパイオニアブランド ヘンプメッズ


株式会社ボタニカルは(所在地:千葉県野田市、代表取締役:板井志摩子)は、HempMedsの『アクティブリリーフCBDロールオン』『CBDボディバーム』を含むCBD含有されたシャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ・ボディローション、パーソナルケアラインを2020年12月10日より伊勢丹新宿本館地下2階ビューティビューティアポセカリー化粧品フロアにて店頭発売を開始します。

今年10月に伊勢丹新宿ビューティアポセカリーフロア内によって開催されたHempNaviによるCBDコレクションで人気を博したHempMedsのCBDパーソナルケアライン。


パーソナルケアラインの中でも『アクティブリリーフCBDロールオン』と『CBDボディバーム』は、おうち時間が多くなっている現代人のお悩みでもある肩こり解消アイテムとしてオススメです。





CBDとアルニカ入りのロールオンタイプは、CBD分子をナノレベルまで小さくし、肌に塗ったときに即効性を体感できるよう製品化したものです。

CBDは油にしか溶けないという性質があるため、通常オイル系のロールオンがスタンダードとなりますが、水に溶けるよう特殊な加工を施し、皮膚への浸透率を高めた優れものです。

在宅ワークでガチガチに凝っている肩や首に塗るだけで、可動領域やメンソールの香りで気分もリフレッシュすることができます。


バームは痛みやこわばり、肌荒れなどがある箇所につけてゆっくり時間をかけて浸透させるタイプです。
ユーカリとジンジャーなどの成分によって、塗った部分の血行をスムーズにしてくれます。

慢性的なお悩みを抱えている方は、寝る前や起きた直後にCBDボディバームを用いることで可動域が徐々に広がってくることを体感できると思います。


CBDについて
CBD(カンナビジオール)とはヘンプに含まれる数多くの成分の一種で、さまざまな健康や美容に対する効果があ るとして世界的に注目を集めています。人間を含むすべての哺乳類にはエンドカンナビノイドシステムと呼ばれる 、身体機能の調節システムがあり、CBDはこのエンドカンナビノイドシステムに働きかけることによって、崩れたバランスを取り戻すと言われています。




HempMedsについて

HempMedsは世界的なCBDムーブメントに先立ち2012年に設立されたアメリカのCBD専門のブランド。創業以来、ヘンプ由来のCBDをアメリカをはじめ世界中で利用できるようにするために、ヘンプの栽培からCBDの抽出、販売のイノベーションを推進し、法的規制やビジネス上のハードルをクリアし市場のシェアを拡大してきました。HempMedsは常により良い製品を追求しており、化学薬品を必要としないCBD抽出方法の導入やTriple Lab Testedという製品の検査体制を初期に導入し業界の基準の確立をなってきました。HempMedsはCBDをより身近なものにするためにCBDの研究や製品の開発への投資やCBD産業に携わる財政的支援を必要とする人々を支援する活動を行っています。



ビューティアポセカリーについて
伊勢丹新宿本店地下二階にある2000年に誕生した日本初の自然派、オーガニック系セレクトショップ。
「今もこれからも美しく健康でありたい」をコンセプトとし、コスメや健康食品、サプリメント、ルームフレグランスなど世界各国のナチュラルアイテムに加え、百貨店では先駆けて展開してきたデリケートゾーンアイテムのさらに先をいくセンシュアルアイテムも充実。
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/shops/beauty/apothecary.html




【hemp naviについて】
hemp naviは株式会社ボタニカルが運営する、世界中の優れたCBDのブランドのみをCBD専門のセレクトショップです。hemp naviで取り扱っているブランドは、現地まで足を運び、安全性と品質管理を厳格に行ったうえで、消費者の皆さまに新たなライフスタイルを提供しているブランド。

■ 公式サイト
https://www.cbd-oil.jp/

■ 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/hemp_navi/

■ 問い合わせ先
info@cbd-oil.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)