医療・医薬・福祉 その他

【依存症治療専門医療機関】大石クリニック様“拭き取り式”薬物スクリーニング検査を導入

東海電子株式会社
薬物摂取から1ヵ月間の薬物検知をすることができる新しい薬物スクリーニング検査

東海電子株式会社のグループ企業、株式会社ネクストリンクが提供する新しい薬物スクリーニング検査を導入した 依存症治療を専門とする大石クリニック様のユーザーレポートをお伝えします。



神奈川県の大石クリニック様は、各種依存症治療を専門とする医療機関として首都圏一帯を対象とした依存症外来治療の拠点となり、年間新患数が約2,000人と全国でもトップクラスのクリニックです。
患者様には、通常の生活を乱すことなく専門的な治療を受けて頂くことができる治療を提供しています。

従来の尿検査とは別に、株式会社ネクストリンクが提供する新しい薬物スクリーニング検査を導入した目的は、“ガーゼで皮脂を拭き取り検査をする”この薬物検査サービスなら、薬物摂取から1ヵ月間の薬物検知をすることができるからです。

その為、薬物依存症の患者様が仕事の事情などで1ヵ月おきの通院であっても、その間に薬物摂取をしていないかどうかの確認をすることができるようになりました。

これまで患者様のご家族から「通院できていない1ヵ月の間に再度薬物を摂取していないか不安になる」とのお声がありましたが、この新しい検査サービスになってからはそのような不安が払しょくされ、ご家族様の安心にもつながっていると実感しています。

詳細はコチラのレポートをご覧ください。
<医療法人社団祐和会大石クリニック様 違法薬物スクリーニング検査 ユーザーレポート>
https://transport-safety.jp/archives/2555
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)