医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

AMI株式会社、日本財団主催のSTARTLINE セッション「2030年のヘルスケア テクノロジーが刷新する医療・保健の未来」に代表小川が出演

AMI株式会社
「急激な医療革新」をミッションに医療機器の開発と遠隔医療サービスの社会実装を目指すAMI株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市、本店:熊本県水俣市、代表取締役CEO:小川晋平、以下当社)は日本財団主催のSTARTLINE セッション「2030年のヘルスケア テクノロジーが刷新する医療・保健の未来」に代表小川が出演しました。当日は、内閣府の政府国際広報事業にも取り上げられた遠隔医療領域でのイノベーション事例として、東京-鹿児島間での遠隔聴診デモンストレーションを交えながら当社の取り組みを紹介しました。収録では、LINE株式会社 公共政策室 室長の福島氏を交えた未来のヘルスケアについてのディスカッションも行われました。セッションの様子はオンデマンドで視聴出来ます。



セッション概要
・セッション  :2030年のヘルスケア テクノロジーが刷新する医療・保健の未来
・配信期間   :2020/12/14 0:00~2021/1/12 23:59
・配信時間   :60分
・詳しくはこちら:https://nf-startline.jp/program/session-healthcare/

STARTLINEとは
 STARTLINEは、期間限定のオンライン動画プログラムです。さまざまな分野のフロントランナーが、表層的な変化に囚われず変化の本質を探り、そこから見える今後の社会のあり方、これから取るべき行動を議論します。配信するプログラムは全15セッション。政治や経済、テクノロジー、教育、働き方、エンターテイメント・・・様々な視点からこれからの社会を考え、そして行動するヒントを得られます。配信期間中いつでも見られるオンデマンド配信です。
詳しくはこちら:https://nf-startline.jp/

公益財団法人 日本財団 ( The Nippon Foundation )について>
 公益財団法人 日本財団は、公営競技のひとつである競艇の収益金をもとに、海洋船舶関連事業の支援や公益・福祉事業、国際協力事業を主に行なっている公益財団法人です。
・HP  :https://www.nippon-foundation.or.jp/
・所在地:東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

<AMI株式会社について>


 AMI株式会社は、「急激な医療革新を実現する」をミッションに掲げている研究開発型スタートアップ企業です。超聴診器や遠隔聴診をコア技術にした遠隔聴診システムの研究開発を行なっています。2020年には第三者割当増資(シリーズAラウンド)で5.4億円の資金調達をしました。医療専門職や工学のプロフェッショナルといった多様なメンバーが研究開発に取り組んでいます。
・商号 :AMI株式会社
・代表者:小川晋平
・設立 :2015年11月
・資本金:5.9億円(資本準備金含)
・許可 :第二種医療機器製造販売業(許可番号46B2X10006)
・登録 :医療機器製造業(登録番号46BZ200014)
・HP :https://ami.inc/
・所在地:
(本社:研究開発拠点)鹿児島県鹿児島市東千石町2-13 302号
(本店)熊本県水俣市浜松町5番98号
(クリエイトラボ)熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39熊本大学 インキュベーションラボラトリー1-7
(メディカルイノベーション研究所)京都府京都市左京区吉田下阿達町46 京都大学医薬系総合研究棟3階309S
(東京オフィス)東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ サテライト03

内閣府の政府国際広報事業
Prime Minister's Office of Japan 公式チャンネル
https://youtu.be/Yk9mzfD91ic

- お問い合わせ -
本件に関するお問い合わせは、ホームページのコンタクトページからお願いします。
https://ami.inc/contact/
担当:横山
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)