医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

メディヴァ、100%出資でベトナムにクリニック設立

株式会社メディヴァ
「ビンズンアーバンクリニック」がビンズン新都市にオープン

株式会社メディヴァ(本社 東京都世田谷区、代表 大石佳能子)は、2月14日、ベトナムのビンズン省・ビンズン新都市において、「ビンズンアーバンクリニック」を開業しました。ビンズン新都市における、最初のプライマリー・ヘルスケアのクリニックとして、同市に日本水準の医療サービスを提供します。


ベトナム「ビンズンアーバンクリニック」グランドオープン当日の様子

ヘルスケア業界における、開業・運営のノウハウを世界へ


ビンズンアーバンクリニックは、メディヴァが国内のクリニック開業支援で培ったノウハウを生かし、ベトナムのビンズン省に開設するクリニックです。

メディヴァは2000年の創業より、国内でのクリニック開業、病医院の運営支援、コンサルティング、国内外の健診センターや、デイサービス施設の開業や運営を手がけてきました。しかし、100%出資による海外でのクリニック開業は、本件が初の試みとなります。2017年に調査を開始し、このたび開設に至りました。

今後もメディヴァは、アジアを中心に各国でプロジェクトを展開してまいります。

ビンズンアーバンクリニック、院内風景



クリニック概要


施設名称:ビンズンアーバンクリニック(BINH DUONG Urban Clinic)

所在地:Lot C19, new urban area in Binh Duong Industrial - Service - Urban Complex, Hoa Phu Ward, Thu Dau Mot City, Binh Duong Province.

設備:診察室、処置室、薬局
診療科目:プライマリ・ヘルスケア(初期診療)、内科
面積:179平方メートル (含、薬局区画)

ビンズンアーバンクリニック 診察室
ビンズンアーバンクリニック 薬局


ビンズン新都市とは


ビンズン新都市は、ホーチミン市の北側に隣接するビンズン省の省都(県庁所在地)であり、ホーチミン市中心部からおよそ30km(車で1時間)に位置する約1,000haの開発エリアです。同省はベトナム最大の工業地区として成功しており、人口や経済が急成長する同省の新たな中心都市として、住宅・商業・オフィスの他、医療、教育分野での機能集積が計画されています。ビンズン新都市では、ベトナム公営企業のBECAMEX IDC CORPORATIONと東京急行電鉄株式会社の合弁会社であるベカメックス東急が、日本式の街づくりを進めています。



株式会社メディヴァとは


URL: https://www.mediva.co.jp
所在地:東京都世田谷区用賀、代表:大石佳能子(おおいし かのこ)
メディヴァは2000年に、医療界に問題意識をもったコンサルタントと医師により設立されました。現在は国内外にクライアントをもち、医療だけでなく、予防、介護分野に取り組む総合ヘルスケア・コンサルティングファームです。
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会