医療・医薬・福祉

選択的α1A遮断薬/前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬「シロドシンOD錠 2mg・4mg 『Me』」製造販売承認に関するお知らせ

Meファルマ株式会社
明治グループのジェネリック医薬品メーカー、Me ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田優)は本日、販売予定のジェネリック医薬品「シロドシンOD錠 2mg・4mg 『Me』」(2規格)の製造販売が承認されましたので、お知らせします。なお、発売は6月の薬価収載後を予定しています。


詳細は以下の通りです。



本剤は、既に日本を初めとする世界各国で前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬として、その治療効果が高く評価されている薬剤の後発薬です。剤型は口腔内崩壊錠(OD錠)とし、高齢者や嚥下能力が低下している患者さんへの服薬利便性を考慮いたしました。現在およそ300万人とも言われている、前立腺肥大症に伴う排尿障害に苦しむ患者さんに、高品質かつ経済性の高い薬剤を提供いたします。

引き続きMe ファルマ株式会社は、ジェネリック医薬品の未来を切り開き、多くの方の健康に貢献していきます。

Me ファルマ株式会社は、日本が直面している超高齢社会において、明治グループとして将来にわたり高品質なジェネリック医薬品を安定的に提供することを目的として、2017年に営業を開始しました。親会社であるMeiji Seika ファルマ株式会社が同社の重点領域である感染症および中枢神経系疾患領域の新薬を補完するジェネリック医薬品(「スペシャリティ・ジェネリック」)を扱うのに対し、Me ファルマは生活習慣病治療薬を中心としたジェネリック医薬品(「エッセンシャル・ジェネリック」)の事業を展開しています。

以上
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会