教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

横浜市会議員が「発達支援つむぎ」併設予定の新羽どろんこ保育園を視察

社会福祉法人どろんこ会
どろんこ会グループは、2021年5月、既に運営中である認可保育所「新羽どろんこ保育園(横浜市港北区)」の一部を改修し、児童発達支援事業所「(仮称)発達支援つむぎ新羽ルーム」の開所を予定しています。「年齢が違う子同士、障害の有無関係なく、共に暮らし、頼りあい、ぶつかりあい、手を差しのべあう」インクルーシブ保育を推進するどろんこ会グループにおいて、認可保育所と児童発達支援事業所の併設モデルとしては7施設目、横浜市内では初の取組みとなります。


■横浜市会議員と横浜市こども青少年局職員の皆様が現地を視察


今回の併設計画にご尽力いただいた横浜市会議員の佐藤祐文議員(自由民主党横浜市支部連合会 筆頭副会長)、古川直季議員(自由民主党横浜市会議員団団長)、渡邊忠則議員(自由民主党横浜市会議員団副団長)が、横浜市こども青少年局職員と共に新羽どろんこ保育園を視察されました。

横浜市会議員(自由民主党)の皆様
現在の子育て環境を取り巻く課題について、意見交換を行った後、理事長の安永が発達支援つむぎの部屋となる現在の子育て支援スペースと保育園内の環境をご案内しました。

市議との意見交換


併設場所となる子育て支援スペースをご案内
日当たりの良いテラスと園庭を視察
私たちはこれからも、障害の有無で育つ場所を分けるのではなく、「全ての子どもを全ての大人が育てる」子育てを社会に提案、実践してまいります。

■現在、運営している併設園について
2020年11月現在、どろんこ会グループでは、駒沢どろんこ保育園(東京都世田谷区)、北千住どろんこ保育園(東京都足立区)、つつじヶ丘どろんこ保育園(東京都調布市)ふじみ野どろんこ保育園(埼玉県ふじみ野市)、メリー★ポピンズ 桶川ルーム(埼玉県桶川市)宮下どろんこ保育園内(千葉県君津市)に発達支援つむぎを併設して運営しております。

■関連記事
「全ての大人が全ての子どもを育てる保育園」へ。どろんこ会が目指すインクルーシブ保育「保育園+発達支援つむぎ」の取り組み
https://www.doronko.jp/action/20180830a/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
どろんこ会グループ(社会福祉法人どろんこ会、株式会社日本福祉総合研究所、株式会社ゴーエスト、株式会社南魚沼生産組合)は全国130箇所を超える認可保育園、事業所内保育所、児童発達支援センター、子育て支援施設等を運営。次代を担う子ども達の「にんげん力」を育む体験型保育・自然保育を行う。男性保育士比率の高さや子どもの免疫力を高める活動内容など、各種メディアでもその取り組みが紹介される。
1998年設立。職員数 約2000人。利用者数 約7000人(2020年現在)

HP:https://www.doronko.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/doronkokai/
Youtube:https://youtu.be/d-SV7YuQmIM
Twitter:https://twitter.com/doronko_offical
Instagram:https://www.instagram.com/doronko_official/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)