医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

S5パートナーズ、介護の働き手マッチング「スケッター」運営のプラスロボに出資

S5パートナーズ有限責任事業組合
S5パートナーズは、介護領域での働き手不足を解決する「スケッター」を運営する株式会社プラスロボに出資いたしました。


人間性や社会性を重視し、地方と世界の先端技術をつなげることに貢献することをミッションに掲げるS5パートナーズ有限責任事業組合(本社:東京都渋谷区、代表:アレン・マイナー、以下S5パートナーズ)は、介護領域での人材マッチングを行う「スケッター」を運営する株式会社プラスロボ(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木亮平、以下プラスロボ)に出資参画いたしました。

【投資理由】
介護領域において、2025年度末までに65歳以上の高齢者数は約55万人に達し、年間6万人程度の介護人材の不足が予想されています(厚生労働省より)。
同時に、副業・兼業・スポットワーカーのマッチングサービスの市場は年々拡大傾向にあります。
プラスロボは、介護施設に対して、非介護業務を担うワーカーである「スケッター」をマッチングするサービスを展開しています。

スケッターの応募動機は給与だけではなく、誰かの役に立ちたい・勉強等の目的もあり、結果的に熱量の高いユーザーコミュニティが形成されています。
介護施設にとっては、サービスを利用することで人手不足の解消に加えて正規雇用の前の試用期間ともなり、ミスマッチの減少や転職サービスの代替手段としても活用が可能です。
S5パートナーズでは、市場の拡大性と需要共に高い領域において、ユーザーコミュニティを醸成しながら事業成長を遂げている点を高く評価させていただくとともに、パートナーである神姫バス株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表:長尾真、以下神姫バス)との事業シナジーも勘案した上で、プラスロボに出資参画することとなりました。

神姫バスCVC担当濱田様コメント:
「介護業務の切り出しを行う「スケッター」は非常に面白いと感じました。介護に興味のある層も含めた都心部の若者と、働き手不足に悩む過疎地の介護施設が結び付くことも考えられます。神姫バスの事業としても、共に介護及び過疎の課題解決にチャレンジしていきたいです。」

プラスロボ代表鈴木様コメント:
「介護業界では2025年に職員が38万人、2035年には79万人が不足します。日本の喫緊の課題です。弊社は既存の人材紹介や派遣というアプローチではなく、介護福祉領域への関わり方を「スケッター」という新しい概念でアップデートすることにより、関わる人の母数を増やしています。誰もが自分のでできることで福祉人になり、みんなで支える仕組みを作ります。今回、S5パートナーズ様にスケッター事業の理念、構想に深く共感して頂けたこと、とても嬉しく思います。スケッターが文化になる日まで粘り強く事業を展開してまいります。」
今後も当社ではSociety5.0の実現に向けて投資活動に従事してまいります。

==
【会社概要】
<株式会社プラスロボ>
設立:2017年2月
本社所在地:東京都港区西麻布4-11-2 406
代表者:鈴木亮平
https://www.plusrobo.co.jp/

<神姫バス株式会社>
設立:1927年8月
本社所在地:〒670-0913 兵庫県姫路市西駅前町1番地
代表者:長尾 真
https://www.shinkibus.co.jp/

<S5パートナーズLLP>
設立:2019年5月
所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19
代表者:アレン・マイナー
https://s5-partners.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)