医療・医薬・福祉

アバノス・メディカル・ジャパン・インク主催WEBセミナー「在宅栄養管理の実際~胃瘻と看取り~」

アバノス・メディカル・ジャパン・インク
2020年12月14日よりオンデマンド配信中

在宅医療に携わる医療従事者向けに栄養管理に関するWEBセミナーを下記の通り開催いたします。




世界に類を見ない超高齢社会を迎えている我が国において、医療の最前線は病院から地域へと大きく広がり始めています。増加の一途を辿る高齢患者に対し、医療費削減とともに病院の受け入れ能力の限界も見据え、患者居宅での医療・介護体制の充実が急がれています。今回は在宅栄養管理の必要性と想定されるリスクなどを中心に、在宅医療を受ける患者さんやご家族の生活の質を向上させる取り組みについてご紹介いただきます。


【テーマ:在宅栄養管理の実際 ~胃瘻と看取り~】

■講師:岡田晋吾 先生
    医療法人社団 守一会 北美原クリニック 理事長/函館五稜郭病院客員診療部長

*開催期間:2020 年12 月14 日(月)~ 3 月31 日(水)
*講演時間:50分
*インターネットに接続した各種デバイス(PC/タブレット/スマートフォン)で24時間いつでも視聴可能


です。

■お申込み方法
以下URLよりお申し込みください。
https://j-entry.gostream.jp/entry/seminars/view/msaeeKGDmV


【アバノス・メディカル・ジャパン・インクについて】

アバノス・メディカル・ジャパン・インク(本社:神奈川県横浜市、社長:尾崎 健⼆)は、米国Avanos Medical, Inc.の日本法人です。

米国キンバリークラークの日本支社「キンバリークラーク・ヘルスケア・インク」として、院内感染対策を主として日本にてビジネスを開始し、2011年7月に日本における製品ラインナップの拡充を目的に、センチュリーメディカル株式会社より販売していた、閉鎖型気管支吸引用カテーテル「トラックケアーシリーズ」、胃ろうチューブ「MICシリーズ」などの製品を販売承継。2014年11月ヘルスケアに特化した独立企業となるべく、キンバリークラークから「ハリヤード・ヘルスケア・インク」として分社独立。2019年4月には将来的な成長を見据え、感染管理関連事業を売却し、新たに「アバノス・メディカル・ジャパン・インク」へ社名変更。

アバノス・メディカル・ジャパン・インクについては当社ウェブサイト( https://avanos.jp/ )をご参照ください。


(米国Avanos Medical, Inc.)

Avanos Medical, Inc.は、患者さんの健康を取り戻すため、臨床的に優れかつ画期的なソリューションの提供に重点を置く医療機器メーカーです。その製品の多くは、90カ国以上の国々で高く評価されており、市場でのリーダー的地位を占めています。ニューヨーク証券取引所では「AVNS」の銘柄コードで取引されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)