ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

シェアラボあきた×みらいワークス 業務提携のお知らせ

株式会社あきた創生マネジメント
~県内企業の「副業人材」活用を推進へ。12 月 21 日に報道機関向け説明会も開催~

一般社団法人シェアラボあきた(秋田県能代市、代表理事:阿波野聖一)は、株式会社みらいワークス(東京都港区、代表取締役社長:岡本祥治)と業務提携の基本合意を締結したことをお知らせいたします。同社が提供する副業マッチングプラットフォーム「Skill Shift」(https://www.skill-shift.com/)により、県内企業の「副業人材」活用を推進します。




提携の内容
多くの事業者にとって課題となる経営幹部や専門人材などの確保。人口減少と少子高齢化が他県よりも進む秋田県において、この課題はより深刻化し、これまでの採用方式だけでは企業の成長が難しくなることが予想されます。シェアラボあきたは、県内の人材に限らず、多様な人材が、多様な形で関わることが今後必要と考えています。

そこで、地方の中小企業で副業を希望する都市部人材4000名超が登録し、多くの自治体でも導入実績がある副業 マッチングプラットフォーム「Skill Shift」と提携することで、県内企業の成長を後押しすることを決めました。

シェアラボあきたは、副業人材を受け入れたい企業の Skill Shift掲載や採用のサポートを行い、自らのスキルを地域貢献に生かしたい人材と県内企業のマッチングを促進させてまいります。副業人材の活用を促進することは、人材不足への対応だけでなく、関係人口の創出にもつながり、県全体の経済活性化に貢献できると考えています。


提携に至った背景
シェアラボあきたの親会社である株式会社あきた創生マネジメント(https://rin-sousei.com/)は、介護事業を展開しています。長年、人材不足に悩まされ、外国人技能実習生、副業人材、すき間時間ワーカーの方々の力を借り、介護事業所の関係人口を増やすことに取り組んできました。その成果もあり、神奈川県や群馬県からの移住者が生まれ、技能実習生も現在の3名に加えて来年度も3名受け入れるなど、多様な人材が溢れる状況です。

その延長線上で、スタッフ自身の働き方の多様化をして様々な経験をすることで(副業可・週休3日制など)、介護の質を高め、自己実現につなげてほしいと仕組み作りも進めてきました。一方で、自社で副業を可能としても、県内に受け入れ先がなければ前に進みません。自社での成果も踏まえ、人材不足が加速する中、これまでの雇用関係に縛られない多様な人材を受け入れる土壌を作ることが、これからの秋田県に必要と考えるようになりました。

そんなときに Skill Shift の存在を知り、実際に自社で募集したところ(https://www.skill-shift.com/jobs/6781)、Webマーケティングや経営企画など高いスキルを持つ都市部の人材19名から応募があり、サービスの高い可能性を感じました。そこで、あきた創生マネジメントとして県内に「副業」を広めるための新法人を設立し、Skill Shiftと連携することで、県内企業の成長を後押しできないかと思ったことが、今回の業務提携の背景です。

※あきた創生マネジメントのこれまでの歩みは、ブログ(https://note.com/aktsousei)にまとめています。

報道機関向け説明会のお知らせ
12月21日(月)13:30~15:00、オンラインにて報道機関向け説明会を開催いたします。みらいワークスより、Skill Shiftの概要や他県の事例を紹介するともに、シェアラボあきた代表理事の阿波野から自社での実践、今回の事業に込める思いなどをお話しさせていただきます。当日は、「Zoom」を活用する予定です。参加される方・取材をご希望される方は、下記に記載するメディア関係者向けの「問い合わせ先」までご連絡ください。

《株式会社みらいワークス 概要》
所在地 : 東京都港区東新橋二丁目 8 番 1 号 パラッツォアステック 7階
代表者 : 代表取締役社長 岡本祥治
設立 : 2012年3月
URL : https://mirai-works.co.jp
事業内容 : プロフェッショナル人材に特化したビジネスマッチング及び転職支援

《一般社団法人シェアラボあきた 概要》
所在地 : 秋田県能代市二ツ井町切石字竜毛沢17番地2
代表者 : 代表理事 阿波野聖一
設立 : 2020 年7月
URL : https://rin-sousei.com/ (あきた創生マネジメントのWebサイトになります)
事業内容 : 秋田県における「副業・兼業」の普及に向けた企業支援、情報発信活動
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)