企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

(株)クォンタムオペレーション 代表取締役 加藤 和磨のイベント登壇について

株式会社クオンタムオペレーション
~5月28日 NextRoundPitch #04 ならびに6月4日 AKIBA IoT PITCH Plug and Play Japanでの登壇~


報道関係各位
2019年5月24日
株式会社クォンタムオペレーション

(株)クォンタムオペレーション 代表取締役 加藤 和磨のイベント登壇について

株式会社クォンタムオペレーション(本社:東京都中央区、代表取締役:加藤 和磨)は、5月28日に開催されますhackjpn 様主催の「NextRoundPitch #04」
https://nextroundpitch4.peatix.com/
ならびに
6月4日に開催されますDMM.make AKIBA様主催、Plug and Play Japan様共催の「AKIBA IoT PITCH Plug and Play Japan DMM.make AKIBA」
https://akiba-iot-pitch20190604.peatix.com/
内プログラムにて登壇をすることになりましたので、ご報告申し上げます。

■5月28日 「NextRoundPitch #04」概要


【日時】:2019/5/28 (土) 19:30-22:00
・タイムスケジュール
19:00 開場
19:30 イベント開始
19:45-20:30 大湯様『チームづくりの極意』
20:30-21:00 スタートアップピッチ(3-5社) ※株式会社クォンタムオペレーションも登壇
21:00-21:15 スポンサーLT
22:00 終了
【場所】
株式会社GAUSS 渋谷区道玄坂2丁目10−7 1号館 3F 新大宗ビル

【参加費】
スタートアップ 0円 投資家 1,500円 事業会社 1,500円

【申込み方法】
https://nextroundpitch4.peatix.com/
よりお申込み下さい。

【参加対象者】
◽︎シリーズA-Bにかけて投資をしたい投資家/VCの方
◽︎登壇企業とシナジーや事業提携を視野に入れている事業会社の方
◽︎資金調達を検討しているスタートアップ

【主催企業】: hackjpn

■6月4日 「AKIBA IoT PITCH Plug and Play Japan DMM.make AKIBA」概要



【日時】2019/6/4(火) 12:00-14:30  ※開場は11:30~
・タイムスケジュール
10:45 ツアー受付開始
11:15 DMM.make ツアー
11:30 一般受付開始
12:00 Plug and Playからのご挨拶(ランチ配布)
12:05 DMM.makeの紹介
12:10 IoTスタートアップピッチ(1社5分) ※株式会社クォンタムオペレーションも登壇
13:00 香港のVC, Q Venture Partnersによるプレゼンテーション(大企業とスタートアップの製品共同開発と商品化における活動、米国のHardware, Deeptechトレンドについて)
13:25 ネットワーキング(ドリンク)
14:30 終了

【場所】DMM.make AKIBA Base(12F) 東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル12F

【申込み方法】
https://akiba-iot-pitch20190604.peatix.com/
よりお申込み下さい。

【主催】DMM.make AKIBA

【共催】Plug and Play Japan

弊社について
会社名:株式会社クォンタムオペレーション
資本金:1億3,440万円(資本準備金を含む)
URL:https://quantum-op.co.jp
事業概要:
・IoMT(Internet of Medical Things)センサーの開発を得意とするITベンダーとして、医療・介護業界向けIoTセンサーを製造・販売している。
・主力の自社製品は、光センサーと電極を組み合わせ、心電図や血中酸素飽和度の測定が可能な「バイタルバンド」。他社製品と比較しても「高精度」な計測が可能。
・現在は、血糖値なども測定可能な次世代バイタルバンド(※光センサーのみで血糖値やグルコースを測定可能)の開発を行っている。



特徴・強み1.:エンジニア中心の経営
・数多くのベンチャー医療系、ものづくりベンチャー企業は基板レベルにおいて自社開発ではない既存製品を組み合わせて商品やサービスを提供しているが、当社は「技術者(※組み込みエンジニア)」が経営の中心として、基板レベルまで製品を自社開発している。
・勿論、既存の製品や基盤の組み合わせが有効(効率性、コスト等において)な場面もあるが、非侵襲血糖値取得センサーのように世界初の製品開発に取り組む場合は、エンジニア自らが経営メンバーとしてイニシアティブを発揮していくことが有効である(強みである)と考えている。

特徴・強み2.:「高品質低価格」を実現させる開発・供給体制
・センサーや基盤などのOEM供給も行っており、中国の深センをはじめとした多数の海外企業を束ね、サプライチェーンをコントロールし、生産管理・品質管理を行うことにより、高品質低価格の開発を実現させている。

登壇者(株式会社クォンタムオペレーション 代表取締役)プロフィールについて
代表取締役:加藤 和磨


北海道夕張市出身。東京経済大学 経営学部 経営学科卒業後、株式会社インテックへ入社。首都圏本部にて流通業の基幹システムの担当を担うとともに、高速分散処理技術を利用した案件にてサービスを立ち上げ、プレスリリースとして報道される。
その後、人材育成塾での共同代表、情報サービス業でのCIO、地元夕張市での起業などの経験を経て、2017年に株式会社クォンタムオペレーションを起業する。
※社会貢献活動として、出身地の北海道夕張市にて夕張青年会議所2018年度理事長、
ゆうばり観光協会理事、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭事務局として活動。
※2015年より2018年まで日本証券新聞にて毎週火曜日「永田町から兜町へ」というタイトルで記事を連載。

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社クォンタムオペレーション
TEL:03-5859-0748
e-mail:quantum-op-all@freeml.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社クォンタムオペレーション 加藤
TEL:03-5859-0748
e-mail:quantum-op-all@freeml.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会