医療・医薬・福祉

『日米がん撲滅サミット2020』日米両政府にがん医療改革共同提言へ!

日米がん撲滅サミット2020実行委員会

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7F国際会議場で開催された『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。

 このたび、シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授 マーク・J・ラテイン氏のチームと原丈人大会長、ノーベル賞候補にも名前が挙げられた中村祐輔氏、中見利男氏らの日米両チームが日米両国政府に高騰する薬価、治療体系のプレシジョン医療化、感染症やがんなどの緊急事態における、さらなる早期承認制度の見直しなど、がん医療改革について共同提言を行う方針が固まった。
大会長 原 丈人 氏
シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授 マーク・J・ラテイン氏

 これは今大会で発表された『日米がん撲滅東京宣言2020』に基づいて行われるもので、バイデン大統領候補のブレーンでもあるマーク・J・ラテイン教授は「一日も早い実行と実現を心より祈っています。日米両国の連携によって患者ファーストの世界を築き上げて参りましょう」と日本側にメッセージを送っている。

来年は『世界がん撲滅サミット2021 in Osaka』の開催が大阪国際会議場で決定しているが、こうして日米をはじめ世界の有志がネットワークを組んで各国政府へ共同提言を行うことは画期的なことだ。

 このように世界のトップリーダーと志を一つにしてより良いがん医療の実現を目指す来年の『世界がん撲滅サミット2021 in Osaka』に皆さんもぜひご期待いただきたい。

 なお『日米がん撲滅サミット2020』大会HP(https://cancer-zero.com)にて代表顧問、提唱者の中見利男氏の大会報告が掲載されているので、そちらもぜひご一読を。
『日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話でのお問い合わせは一切お断りしている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)