医療・医薬・福祉

発熱外来 小型コンテナ診療所 販売開始

ヴィガラクス株式会社
~悪天候時でも医療サービスを守る「モバイルクリニック(TM)LITE」~

株式会社ピースノート・ヴィガラクス株式会社・FOREMOST株式会社は、2020年12月16日に、建築用コンテナ(10フィート)を活用し陰圧設備を内蔵した小型の移動型診療所 【モバイルクリニック(TM)LITE】 の販売を開始します。 現在、日本各地の医療施設で採用が進む、20フィートの建築用コンテナを活用した「モバイルクリニック(TM)」と比べ、運搬・設置のしやすさ、コスト面で優れた製品です。 ※「モバイルクリニック(TM)LITE」は、設置面積が約7平米で、建築確認申請が不要となる場合があります。 ※本事業は2020年4月1日(水)に株式会社ピースノート(企画・開発・販売)・ヴィガラクス株式会社(製品開発・販売)・FORMOST株式会社(コンテナ製造)の間で締結された「建築用コンテナを使用した移動型診療所に関する開発協定」に基づいて実施されます。各社の異なる強みを掛け合わせた開発体制を構築しております。


発熱外来タイプ
発熱外来タイプ(側面)
PCR検査室タイプ


「モバイルクリニック™LITE」とは
「モバイルクリニック™LITE」は、医療従事者の感染リスクを最小限まで減らす ことを目的に設計された、移動型診療所です。日本の建築基準法に合致した建築用コンテナに、感染症 拡大防止の陰圧設備(米国疾病対策予防センター基準を大幅にクリア)を内蔵。台風などの悪天候にも 耐えうる頑強さとモビリティ、医療用レベルでの感染症対策設備を併せ持つ、今までにない製品です。 使用する目的に合わせ、「発熱外来タイプ」と「PCR検査室タイプ」から選べます。

全世界共通の課題である感染症対策に、安全で効率的な医療体制を確保することが可能です


新型コロナウィルス対策で、発熱専用外来や検査室を増やす必要がある医療施設・介護施設に
院内感染を防ぐため陰圧室を別棟で、しかも短期間で建てる必要がある総合病院・クリニックに。
公共イベントの開催場所や交通機関のハブなど、人が密集する場所での一時的な医療エリアに。
被災地や過疎地域での医療拠点に。
ユニットハウス・プレハブで検討している方におすすめです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)