医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

【医療AIのエルピクセル】医用画像解析ソフトウェア EIRLの臨床導入、100施設を突破

LPIXEL
2019年10月EIRL発売以来、「医療AI」の開発と社会実装をリード

 エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原佑基、鎌田富久、以下「エルピクセル」)が提供する医用画像解析ソフトウェアEIRLシリーズの臨床導入が、累計100施設を突破したことをお知らせいたします。  2019年10月、脳MRI画像から脳動脈瘤の候補点を検出する医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysm (1) が、深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として国内初の薬事承認を取得し、販売を開始いたしました。同製品を皮切りに、エルピクセルは日本における「医療AI」を牽引すべく、これまで4つの医用画像解析ソフトウェアを開発・提供し、医療機関への導入を進めてまいりました。EIRLは多くの理解と期待をいただき、地方及び首都圏の小規模医療施設から総合病院まで、幅広く活用されています。私たちにとって、決して「製品の導入」はゴールではありません。こうした機会を活かし、多くの医師、医療関係者の皆様よりフィードバックをいただきながら、AIが医療の世界をより良くする可能性を信じ、研究・開発を続けてまいります。



我々は医療に貢献するために、医師に寄り添い、AIを開発してまいりました。医師は正確な診断ができるよう強い使命感と高い緊張感を持ちながら診断にあたっています。AIはそのような医師の診断をサポートすることで、最終的に患者にメリットがあるものです。まだまだAIは完全ではありませんが、患者様を想い、AIを有効的にご利用いただいている医師たちに支えられ日々進化しています。EIRLを皆様と育てながら、AIが当たり前になる時代をつくり、我々も強い使命感をもって、医師にも患者にもやさしい世界を追求してまいります。(エルピクセル株式会社 代表取締役 島原 佑基)

=====
(1) 承認番号:30100BZX00142000 販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL aneurysm

【AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」について】


高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

【エルピクセル株式会社について】


エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において、AI(人工知能)を活用した高精度のソフトウエアを開発してまいりました。AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、創薬を支援するAI画像解析ソリューション「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)