広告・マーケティング 美容・健康

世界の心臓補助装置市場― 製品別:(大動脈内バルーンポンプ、補助人工心臓、{左心室補助装置、右心室補助装置、両心室アシストデバイス}トータル人工心臓(TAH))、地域別予測2025年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の心臓補助装置市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年12月 15日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10085459



心臓補助装置は、心臓と連動してポンプ効率を改善し、体全体の最適な血流を維持する一種の機械式ポンプです。心臓補助装置(CAD)は、末期心不全の治療に使用され、個人のニーズによって決定されます。これらは、心臓が弱くなったときに心臓の機能を引き継ぎ、心臓が正常に機能するのを助けるように設計されています。心臓補助装置装置、心室補助装置、大動脈内バルーンポンプ(IABP)、および人口心臓の三つのタイプがあります。補助人工心臓は患者の胸部に埋め込まれ、電気モーターとドライブラインで構成されています。

世界の心臓補助装置市場は、予測期間中に11.6%のCAGRで成長します。

心臓から全身に血液を送り込み、体全体に十分な血液を分配するのに必要な力を持っています。大動脈内バルーンポンプは、最大の血管である大動脈を通る血流を制御する細長いバルーンです。デバイスは、血流に応じて拡張し、接触します。心臓がポンピングすると小さくなり、血液が体の残りの部分に流出する可能性があります。心臓の血液をより多く保つために心臓が弛緩すると、心臓は大きくなります。

人口の高齢化とドナーの不足により市場の成長
心血管疾患の有病率の上昇、新しい治療法の増加、医療機器の手頃な価格は、予測期間中に市場の成長に貢献すると予想される要因です。また、発展途上市場における心臓補助装置の高い採用と受け入れ、医療機器の革新と開発などの要因が心臓補助装置市場を牽引しています。さらに、世界的な高齢化と心臓移植のためのドナーの不足は、患者への心臓補助装置の移植を後押ししています。

アメリカ心臓協会によると、米国の推定9,210万人の人口が少なくとも一つのタイプのCVDを持っており、2030年までに、米国の成人人口の約44%が何らかの形のCVDを持っていると予測されています。心血管疾患の発生率の増加、有望な償還方針、優勢なベンダーの存在、および高度な技術へのアクセス可能性により、この地域での心臓補助装置の需要と採用が増加します。

市場主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。世界の心臓補助装置市場における業界のリーダーはAbbott Laboratories、Berlin Heart GmbH、Maquet GmbH (Getinge AB)、ReliantHeart, Inc.、SynCardia Systems, LLC、 ABIOMED, Inc.、 BiVACOR, Inc.、Medtronic plc、 XENIOS AG (Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA)、Teleflex Incorporated、Carmat SA、Calon Cardio-Technology Ltd、 LivaNova, PLCなどです。

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

市場セグメンテーション
世界の心臓補助装置市場は、製品別:(大動脈内バルーンポンプ(IABP)、補助人工心臓(VAD)、{左心室補助装置(LVAD)、右心室補助装置(RVAD)、両心室アシストデバイス(BIVAD)}トータル人工心臓(TAH))、地域別などによって分割されています。

2018年には、補助人工心臓セグメントが最大のシェアを占め、予測期間中に2倍の成長率で成長すると予想されます。心室補助装置市場はさらに、左心室補助装置、右心室補助装置、および両心室補助装置に分割されます。これらの中で、左心室補助装置は主要なシェアを占めており、予測期間中に高いCAGRで成長すると予測されます。

市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

世界の心臓補助装置市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

北米、予測期間中に市場を支配すると予測
北米は2018年に世界の心臓補助装置市場の最大のシェアを占めており、予測期間中に価値の面でトップの位置を維持すると予想されます。

ヨーロッパは、心臓補助装置市場で二番目に大きな地域です。心血管疾患(CVD)は、EU諸国で390万人の死亡と180以上のの死亡を引き起こしています。英国だけでも、進行性慢性心不全の約60,000の新しい症例が毎年診断されており、その中40%が1年以内に死亡しています。

アジア太平洋地域は北米によって牽引され、予測期間中に2倍の成長率CAGRで成長化する予測

アジア太平洋地域は、予測期間中に2倍の成長率CAGRで成長すると予想されます。この成長は、医療費の増加、生活習慣障害の高い有病率、市場での高度な技術の受け入れの増加などの要因に起因しています。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/cardiac-assist-devices-market/10085459

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)