医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

てんかん専門医向けサービス『nanacara for Doctor』が提供開始から2か月で関西6医療機関、東京2医療機関にて利用スタート!

ノックオンザドア株式会社
医師・患者家族の声を元に今後も機能バージョンアップ予定!!

患者家族や医療関係者と共に、てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営するノックオンザドア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林 泰臣)が2020年10月にリリースした医師向けサービス『nanacara for Doctor(ナナカラ・フォードクター)』は、開始2ヶ月現在で8医療機関での導入が完了し、てんかん診療での活用が始まっています。


【nanacara for Doctorのシステム概要と基本画面】

「nanacara for Doctor」は、てんかん発作記録・管理アプリ「nanacara」で記録した発作状況などをインターネット経由で医師と共有する医師向けのクラウド型サービスです。
てんかん患者・家族がnanacaraアプリから医師への共有を承認することで、医師はnanacara for Doctorのweb画面で患者の症状・処方記録等の基本情報のほか、「発作回数・服薬状況・発作時の動画」を診療時に閲覧でき、PDF出力による電子カルテとの連携等、より効率的・効果的にて診療を行うことが可能となります。





「nanacara for Doctor」導入済み6医療機関

2020年10月にリリースした「nanacara for Doctor」は、リリース以降、患者・家族からのリクエストを受け、順次医療機関への導入説明を実施してきた結果、リリースから2ヶ月現在、下記の8医療機関に導入が完了し、利用がスタートしております。

・大阪市立総合医療センター(大阪府)
・東京西徳洲会病院(東京都)
・東小金井小児神経・脳神経内科クリニック(東京都)
・滋賀医科大学医学部附属病院(滋賀県)
・済生会守山市民病院(滋賀県)
・長浜赤十字病院(滋賀県)
・大阪大学医学部附属病院(大阪府)
・大阪母子医療センター(大阪府)
※導入時期順

導入医療機関の医師からは、「てんかん診療時に詳細な発作状況が良く分かり、質の高い診療に繋げられる」などの声を頂戴しています。
加えて、「nanacara」アプリを利用している患者・家族からも『現在てんかん診療のために通っている病院に「nanacara for Doctor」を導入してもらって、アプリに記録した情報を先生と共有できて良かった』という声を多く頂戴しています。
てんかん患者・家族からの「この病院に導入して欲しい」のリクエストも引き続き届いており、複数医療機関の先生方へのご説明も継続しております。
ノックオンザドア株式会社は、より多くのてんかんに関わる医師、そして患者ご家族の声を元に、nanacaraアプリ、nanacara for Doctorの機能バージョンアップを行い、このnanacaraプラットフォームのさらなる継続拡大により「てんかん患者・家族」と「医師」の両面から、てんかん診療の質的向上をサポートしてまいります。

▼ nanacara for Doctorを導入した医師からのコメント

【滋賀医科大学・済生会守山市民病院・長浜赤十字病院小児科 底田辰之医師】



まずアプリについて、徐々に使用患者さんが増えてきており、患者さまからの評判はとても良いです。
「見栄えがよい」「使いやすそう」「手触りがよさそう」との使用してみたくなる雰囲気がありますし、患者さま側の家族にとっても、てんかん手帳などの紙媒体に比べて記録が非常に楽なので、nanacaraアプリに変更されるご家族もいらっしゃいます。

加えて、患者さまの記録を医師がwebで確認できる『nanacara for Doctor』があることが非常に素晴らしいです。
この医師側のサービスもあることで、発作の回数、時間帯など正確に把握できるので、使用する薬剤の効果判定などに非常に有用です。
てんかん治療に対してどのように発作が変化し、患者さんにどのような影響が出ているかを、毎回の外来で正確に知ることができるようになりました。

このように患者さんご家族が入力した情報を我々医師と共有しやすくなり、加えて発作の頻度、種類を「視覚的」に把握しやすくなったところに『nancara for Doctor』の大きな魅力があります。


【東小金井小児神経・脳神経内科クリニック 生田陽二医師】



当クリニックでもnanacaraアプリを使っていただける患者のご家族がだんだん増えてきました。 このnanacaraを利用されることで、改めて発作を正確に記録される親御さんもいらっしゃいます。

今回、『nanacara for Doctor』を利用し始めて、特に有効な点は
・診療時に必要な情報が「グラフ等のビジュアル」のため、一目で正確に把握できる
・その情報をクラウド型の電子カルテに「PDFファイル」で残せる
ということに尽きます。

今までは診療時の聞き取りで発作の状況などを確認していましたが、どうしても時間はかかりますし、漠然とした記憶であったりすることも多いことに加えて、カルテ上への記録も大変でした。
しかし、『nancara for Doctor』で、この作業も「手間なく、正確に行える」ため、てんかん診療に非常に役立っています。


【東京西徳洲会病院・小児医療センター 二瓶健次医師、スプラット智恵美医師】



少しずつですが、アプリを利用される方がでてきました。
『nanacara for Docotr』で発作状況が把握できることは診療時に非常に役立つと感じています。

さらに、カメラやウェアラブルセンサーなどとも連動することで、周囲に人がいなくても、発作状況はもちろんですが、 その時の様々な正確な情報も記録でき、『nanacara for Doctor』上で確認できるようになれば、診療時のツールとして利用できると思います。


■ nanacara/ nanacara for Doctor サービス概要
nanacara公式サイト : https://knockonthedoor.jp/nanacara/
nanacara for Doctor公式サイト: https://knockonthedoor.jp/nanacarafordoctor/
【nanacara】 App Store : https://apps.apple.com/jp/app/id1475500805?mt=8
【nanacara】 GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.knockonthedoor.healthcare.kids&hl=ja


■会社概要
社名:ノックオンザドア株式会社
http://knockonthedoor.jp/
所在地:東京都新宿区市谷八幡町2-1 DS市ヶ谷ビル3F
設立:2018年7月18日
資本金:3,665万円
代表者:代表取締役 林 泰臣
事業内容:患者・家族向け支援プラットフォームを軸にした事業開発、事業支援

<リリースに関するお問い合わせ先>
ノックオンザドア株式会社 広報担当 E-mail: info@nanacara.jp

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)