広告・マーケティング 美容・健康

コンピューター化された医師の注文入力(CPOE)市場-タイプ別、コンポーネント別、配信モード別、最終用途、地域別-分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2014- 2025年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「コンピューター化された医師の注文入力(CPOE)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年12月 16日に発刊しました。これは、2014- 2025年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10294104



レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

コンピューター化された医師の注文入力は、プロバイダーが外来または入院の設定内にあるコンピューターシステムに医療注文を入力するのを支援するアプリケーションとして定義されます。CPOEは、薬の注文を求める多くの従来の方法の置き換えに役立ちます。これらには、口頭(直接または電話による)、書面(紙の処方箋)、およびファックスが含まれます。世界のCPOE市場は、主にITインフラストラクチャを改善するための政府のイニシアチブや医療費の削減に役立つ情報技術などの要因によって推進されています。

コンピューター化された医師注文入力(CPOE)システム市場は、政府のイニシアチブ、医療ITの採用の増加、および医療と患者中心のサービス製質の向上により、良好な成長が見込まれます。

全体的な医療費は急速に増加しており、そのため医療ITの採用は毎年増加しています。電子健康記録(EHR)およびその他の医療情報技術(HIT)の実装と使用は、プライマリケア実践の変革を促進することが観察されています。これは、診療所や病院でのITシステムとソフトウェアの採用に役立っています。

医療過誤を減らすための政府の有利なイニシアチブが市場の成長を促進すると予想
この市場における重要な成長要因の一つは、医療過誤を減らすための政府の有利なイニシアチブおよび、技術の進歩です。世界中のほとんどの政府機関は、多くの人命を救う可能性のあるコンピューター化されたデータ入力方法に切り替えています。世界保健機関(WHO)は、第58回世界保健総会で、患者の安全性を高めるための介入の1つとしてCPOEを推進しました。市場の制約の一つは、このシステムを完全に実装するのに長期間かかる可能性があることです。

市場セグメンテーション洞察


コンポーネントセグメント別ーコンポーネントセグメントは、ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスに分類されます。サービスカテゴリが最も重要であり、最も高い収益シェアを占めました。
配信モード別ー配信モード内の3つの主要なカテゴリには、オンプレミス、クラウドベース、およびWebベースが含まれます。

配信モードのWebベースのセグメントは、予測期間中に支配的なセグメントになると予測


配信モード別―配信モードによって、CPOEシステム市場はWebベースとクラウドベースおよびオンプレミスに分割されます。Webベースおよびクラウドベースのセグメントが最大の配信モードですが、病院は、コンピューター化された医師の注文入力システムのエンドユーザーの中で最大のセグメントを形成し続けます。Webベースの配信モードセグメントは、インターネットサービスの普及の増加により市場で高い需要が見られ、デジタルリテラシーの強化がこれらのサービスの新たな需要に貢献しました。したがって、これらの要因は、予測間中二に市場の成長を牽引すると予測されます。
最後用途別―最終用途セグメントの主なカテゴリは、病院、外来センター、診療所、および救急医療サービスです。医師、開業医、データサイエンティストの間には直接的な相関関係があるため、病院が最大の収益シェアを保持しています。

レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

コンピューター化された医師の注文入力(CPOE)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米地域は、コンピューター化された医師の注文入力(CPOE)システム市場で最大の市場シェアを保持すると予測

北米は、世界のCPOEシステム市場で最大かつ最も急速に成長している市場の一つです。この成長は主に、これらのソフトウェアの開発への主要なプレーヤーからの投資の増加と、HITECH法(経済的および臨床的健康のための医療情報技術)などの地域における政府のイニシアチブに起因しています。また、新しいヘルスケアソフトウェアとその使用法の採用率の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。

一方、アジア太平洋地域は、経済成長と医療分野での技術進歩の必要性の一般的な増加により、より大きな規模で成長すると予想されています。これらの要因と政府の政策と、巨大な人口基盤は、この地域の成長の可能性を高めます。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
コンピューター化された医師の注文入力(CPOE)市場における業界のリーダーはCerner、Athenahealth、Allscripts Healthcare、McKesson Corporation、Siemens Healthcare、IBM Corporation、OptumHealth、Verisk Analytics、Oracle Corporation、およびPhilipsHealthcareなどです。その中で、Cerner Corporationが重要な収益シェアを占め、ヘルスケアCPOE収益の12%以上を占めていると分析されています。

これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/computerized-physician-order-entry-cpoe-market/10294104

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)