インテリア・雑貨 医療・医薬・福祉

常識を覆す!飲食できるハイスペックフェイスシールド12月21日新発売【可動式×スポンジタイプ】

株式会社YKC Japan
ウイルスの侵入を防ぐ×気軽な飲食を両立

衛生用品、紙製品、文房具の製造、輸入、販売等をおこなう株式会社YKC Japan (本社:千葉県千葉市、以下 YKC Japan)は2020年12月21日(月)にスポンジタイプの可動式フェイスシールド、「フェイスシールド ムーブプラス」を販売開始いたします。レギュラータイプ(W330mm×H220mm)とスモールタイプ(W290mm×H210mm)の2種類です。ウイルスや細菌の侵入を防ぐこと、気軽に飲食できることの2つの両立を目指しました。





【特徴1】スポンジタイプ×可動式ハイスペック仕様



1.飛沫をしっかりカバーできる
可動式のフェイスシールドに多いのは頭部とシールド部分にクリアランスを設けたタイプです。これらのタイプでは、真上からの飛沫には脆弱で、フェイスシールドの大きな役割である「目を飛沫から守る」能力が落ちてしまうことが考えられます。しかし、スポンジタイプではスポンジ部分が真上からのウイルス等の侵入を防ぐ役割を果たします。
2.飲食時にシールドを外す必要なし
スポンジタイプは真上からのウイルスの侵入に強い反面、水分補給をしたいときには毎回フェイスシールドを外さなければなりませんでした。シールドを可動式にすることで装着したままいつでも水分補給ができるようにしました。

【特徴2】使いやすさを追求した5つのポイント

1.選べる2サイズ


レギュラータイプ(W330mm×H220mm)とスモールタイプ(W290mm×H210mm)の2種類を用意しました。レギュラータイプは男性用、スモールタイプは女性・子供用で、小さなお子様から大人の方までご使用いただけます。特にレギュラーサイズにおいてはスポンジを高くし、顔との空間体積を広げ、熱気がこもりにくくなっています。




2.名札や写真が入るポケット付きで所有者の判別に

3.透明度の高いPET使用で視界はっきり
4.中性洗剤での洗浄が可能
 ※アルコールなどの薬品でも消毒できますが、劣化させる可能性があります。
5.曇り止めコーティングにより息で曇りにくい仕様


フェイスシールドの動かし方

【上げる】



ヘッドバーの上を抑えながらシールドを持ち上げる。
【下げる】


シールドの内側からヘッドバーの下を押さえ、シールドを下げる。
シールドのストッパーをヘッドバーに掛けて止める。

【販売に至った背景】3つの課題を解決するため



これまで日本国内で販売されてきたフェイスシールドの主流はスポンジタイプです。スポンジタイプは上からの飛沫を防ぐメリットがありますが、リフトアップできるものは見当たりませんでした。そのため、大半のスポンジタイプのフェイスシールド使用者は飲食の際、一度外さなければならず、シールドにウイルスが付着している場合は、フェイスシールドを置いた場所から感染が拡大する恐れがありました。毎回外す手間から水分補給を我慢してしまう可能性もあります。それ以外にも課題がありました。例えば、他人のフェイスシールドを誤って使用することは感染防止対策において避けなければなりません。また、サイズが合わないという問題もありました。女性の方や小さな子供は頭囲が狭く、通常のフェイスシールドでは下がってきてしまうと使用が難しくなります。
これらの課題を解決するためにYKC Japanでは、【可動式×スポンジタイプの両立】、【名札を入れられる仕様】、【2サイズ展開】の「フェイスシールド ムーブプラス」を製作・販売いたしました。



YKC JapanのフェイスシールドKAPI'S(カピーズ)シリーズとは



KAPI'S (カピーズ)シリーズとは、YKC Japanで販売する衛生用品のシリーズです。子供用やメガネタイプ、可動式タイプ、スタンダードのタイプなど様々な種類を取り扱っています。
KAPI'Sシリーズでは、[注意書きが日本語][高透明度で視界がクリア][曇り止めコーティング使用]という特徴でフェイスシールドの使いやすさを追求しました。
ロゴのイメージはカピバラです。普段は穏やかな性格のカピバラが家族を守るためにジャンプ力や俊敏さを兼ね備えているように、仕事や家庭など、様々な場面に潜む見えないウイルスや細菌、病気などから身を守り、穏やかな生活を提供するという願いを込めています。

販売方法
主に代理店を通して販売いたします。

●製品概要








●本件へのお問い合わせ先
株式会社YKC Japan
FAX:043-307-5271
Email:support@ykcjapan.com  
URL:https://ykcjapan.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)