医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

異業種から介護業界への転職ストーリー!漫画コンテンツ「未経験からの挑戦 ゼロからのヘルパー」をリリース

株式会社クーリエ
コロナ禍で失業し、未経験から介護職に転職した主人公の物語を通し、介護の仕事の魅力と新たな働き方の形をお届けします。


掲載施設数No.1の老人ホーム検索サイト「みんなの介護」や介護業界の求人・転職サイト「みんなの介護求人」を運営する株式会社クーリエ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 安田大作、以下「クーリエ」)は、「みんなの介護求人」の新・漫画コンテンツとして「未経験からの挑戦 ゼロからのヘルパー」をリリースいたしました。

未経験からの挑戦 ゼロからのヘルパー
https://job.minnanokaigo.com/news/zero-helper/
みんなの介護
https://www.minnanokaigo.com
みんなの介護求人
https://job.minnanokaigo.com


■リリースの背景
厚生労働省の調査によれば、新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人は見込みを含めて全国で7万5千人を超えています(2020年12月4日時点)。

一方、コロナ禍で介護職の需要はますます高まっており、慢性的な人手不足は深刻な問題となっています。

今後、サービス業を中心とした他業界から介護業界へ流入する未経験者・無資格者を生かしていくことが、人手不足解消の鍵となるでしょう。

この度リリースした「未経験からの挑戦 ゼロからのヘルパー」は、新型コロナウイルスの影響で職を失ってしまった男性の物語。主人公が未経験から介護職へと転職し、さまざまな困難に直面しながらも、一人前のホームヘルパー(訪問介護員)として成長していく様子を描いていきます。




目に留まりやすく、印象に残る漫画という表現手法を用いることによって、「きつい、汚い、危険」の頭文字をとって「3K」と言われることもある介護職へのイメージを払拭し、介護の仕事の魅力とメリットを伝えていきます。

漫画の物語を通して未経験者・無資格者の介護業界への転職ハードルを下げ、失業率と人手不足の問題解消へ寄与したいと考えています。

■「未経験からの挑戦 ゼロからのヘルパー」とは
新型コロナウイルスの影響で長年勤めていた旅行代理店の職を失ってしまった斉木勝・40歳。妻子もいるのにこれから先どうやって生活していけば良いのか…。そんな失意の中で彼が出会ったのは介護の業界だった――。経験ゼロから始まるとあるヘルパーの物語。


連載第1回目は、主人公の斉木が勤めていた旅行代理店の職を失い、焦りながらも転職活動をしているシーンからスタート。しかし、新卒から旅行業一筋だった斉木の転職活動は難航しています。不安に苛まれていた斉木は、ひょんなことから訪問介護事業者の管理者を務めているという男と出会います。

「私達は“本気”の人を求めています」

男は斉木に介護業界のことを説明し、そう告げます。「世の為、人の為になる人になりなさい」との亡き祖母の言葉を噛みしめながら、斉木のゼロからの挑戦がはじまります。



作画は『それを、こう。』『壁を、ドン。』などの著作でも知られ、SNSで人気の大野そら氏。迫力あるタッチで魅力的なキャラクターを描きます。

●漫画家:大野そら氏プロフィール
漫画家、イラストレーター。書籍『それを、こう。』『壁を、ドン。』(ともに一迅社)の作画担当。その他に『僕なら君を絶対に不幸にしないよ って言ったら「ウケるね! 」って言われた』などのイラストを担当している。 公式ブログ「illust offline」、公式ツイッター「@sorasorarian」。

■「みんなの介護求人」とは
「みんなの介護求人」は、介護施設検索サイト「みんなの介護」を運営する、株式会社クーリエによる介護業界に特化した転職支援サービスです。

「みんなの介護」は、介護従事者の約8割が知っている介護業界を代表するサイトであり、掲載施設数は業界No.1を誇ります。姉妹サイトである「みんなの介護求人」では、給与・勤務地・雇用形態はもちろん、「新規オープン」や「未経験者歓迎」など、さまざまな条件から求人を検索できます。

また、各求人には詳細な職場情報や施設の全景が見渡せるパノラマ画像など、オリジナルの情報を多数掲載しています。「みんなの介護求人」は求職者と施設、両者のニーズを満たし、転職活動を成功に導きます。




【会社概要】
株式会社クーリエ
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17F
代表取締役 安田大作
URL https://www.courier.jpn.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)