美容・健康 アパレル・ファッション

増毛経験者は仕事への熱中度は約7割という結果に 2人に1人は増毛を通して“仕事上のコミュニケーション能力”が向上

株式会社スヴェンソン
~薄毛に悩んだ経験のあるビジネスマン200名に仕事への影響を調査~

総合ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役社長 兒玉義則)メンズ事業部は、2020年10月に30~50代の薄毛に悩んだ経験のある200名(増毛を行ったことのある男性100名、行ったことのない男性100名)を対象に「増毛を通じた仕事上の意識変化に関する調査」を実施しました。


調査の結果、増毛をしたことのある男性のうち、2人に1人は「増毛を通して仕事上のコミュニケーション能力が上がった」と感じていたり、「初対面の際の印象が良くなった」「清潔感がでるようになった」というメリットを感じていることが明らかになりました。増毛をしたことでより自分自身に対してや、自分の能力について自信を持てるようなった人が多いという結果に。

また、「仕事への熱中度は高いですか?」と質問をしたところ、「はい」と回答した男性が、増毛経験者は69%、未経験者は58%と、増毛を行ったことのある男性の方が仕事への熱中度が11%高いことが明らかになりました。このように見た目をケアすることで仕事においてもポジティブな影響があることがわかりました。

【調査概要】
調査タイトル :「増毛を通じた仕事上の意識変化に関する調査」
調査日:2020年10月21日
調査対象者:日本人の30代~50代 薄毛に悩んだ経験のある男性200名
その他:構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても100とならない場合があります。
調査方法:インターネット調査
※調査内容をご掲載頂く場合は「株式会社スヴェンソン調べ」とご明記くださいませ。

■見た目を変化させることで仕事がしやすくなる!? 増毛経験がある男性のうち2人に1人は「仕事上のコミュニケーション能力の向上」を実感!

「メラビアンの法則」によると、視覚情報が相手に与える影響はなんと55%。異性や仕事上の関係者に対して、視覚的にマイナスの印象を「与えないこと」、ひいては「与えていないと感じること」は仕事上の関係を優位に持って行くことに影響を与えます。

そこで増毛を経験したことのある男性100名を対象に、増毛をする前とした後の差を調査しました。増毛をしたことによって、職場環境が変化したと回答した人が3人に1人という結果となっています。これは、周囲の反応や視線が変化したことが要因だと考えられます。同様に、「増毛を通じて仕事上のコミュニケーション能力が上がったと感じますか?」という質問は47%の人が能力の向上を実感、また、約2人に1人が自分自身の変化を感じています。自分の見た目を整えることで自信が生まれ、周りの環境や自分自身の内面に変化を与えることがわかりました。




■コミュニケーション能力の向上はいつ実感?「初対面の際の印象が良くなった」 薄毛による活力のない雰囲気は面接・面談時にマイナスの印象を与える可能性も。

「増毛を通じて仕事面にどのようなメリットがあったと感じましたか?」という質問には第1位は「初対面の際の印象がよくなった」、第2位は「ヘアセットができるので清潔感がでるようになった」、第3位は「仕事に前向きに取り組む若々しい印象になった」と回答。周りからみた印象が良くなったという点にメリットを感じることが多数という結果になりました。

「女性の同僚」「後輩や部下」「先輩や上司」と話しやすくなったという、自分自身の変化については40%という結果に。目を見てしっかりと会話できるようになるなどの変化がポジティブな影響を与えているのではないかと考えられます。また、スヴェンソンによる面接官への調査※2によると、「薄毛であることが減点になる」と回答したのは全体の6%に過ぎず、ほとんどマイナスのポイントにはならないという結果になっています。しかし、「薄毛である」という事実ではなく、「薄毛による雰囲気(老けて見える、活力を感じない、など)」が面接の場でマイナスに作用する可能性がある、というコメントもあり、薄毛以外のトータルでの印象を意識する必要性があると考えられます。


■増毛経験者の3人に1人は、プレゼン成功率が8割以上であると回答。周囲の視線が気にならなくなることで一層仕事に自信が持てるように

上司に提案が通ったなどの成功も含めて「プレゼンの成功率はどのくらいですか?」という質問に対して、80%以上の成功率であると回答した人は、増毛をしている人の方が5%多い結果に。人からの視線を気にせず、堂々とした態度でプレゼンできることによりこのような結果になるのではないかと推定できます。

また、「得意先や社内の上司など仕事におけるキーパーソンを押さえている確率はどのくらいだと思いますか」という質問については80%以上の確率で押さえていると感じている人が、増毛をしたことがない人と比べて7%多いという結果になりました。増毛を通じて、自らの容姿に自信を持つようになることで、仕事の業務に関する自己肯定感にも影響を与えることが見てとれます。


■増毛経験のある人の方が、未経験者より「仕事への熱中度が高い」人が多い結果に! 身なりを整えることで仕事へのモチベーションに変化も。


ビジネスに向き合っている男性の魅力の一つは、自分の仕事にやりがいを持って熱中していることではないでしょうか。困難な業務にも責任を持って、全力で取り組んでいる姿に魅力を感じる女性も多いです。そこで、「仕事への熱中度は高いですか?」と質問をしたところ、「はい」と回答した男性が、増毛経験者は69%、未経験者は58%と、増毛を行ったことのある男性の方が仕事への熱中度が11%高いことが明らかになりました。
見た目をケアすることで周囲の視線を気にせずに集中できるようになることや、まずは見た目を整えることで仕事へのやる気に変化が生じていることも要因ではないかと推測できます。

スヴェンソンが過去に200人の女性を対象に行った「職場での男性の薄毛に関する調査」※1によると「仕事の能力は、見た目で判断されることもあると思いますか?」という質問に対し、200人中142人(71%)の人が「はい」と回答。また、人事採用の面接官を過去に経験したことがある人100人に行ったアンケート※2にて今回の回答者である“40代以上の中高年層“の応募者の薄毛は採用に影響するかどうか、という質問については「職種によっては採用しない」(10%)「採用に影響する」(15%)という意見も。理由として、半数近い44%が「活力を感じないから」と回答しており、「老けて見えるから」「自信が無さそうに見えるから」は割合で36%でした。

■AとB、一緒に仕事をしたいのはどちらでしょうか? 髪型を工夫するだけでも増毛しているかのような変化に!


※写真は同一人物です。

女性200人に「一緒に仕事をするなら、どちらのほうが良いですか?」という質問に対して、「B」と答えた人が95.5%で圧倒的に高い割合でした。
AとBでは髪型を工夫しているかどうか、という点で違いがあります。この違いを見た人は、どのように印象が変わったのでしょうか?1位は「話しかけやすくなった」(42%)、2位は同率で「仕事ができそう」「頼りになりそう」(どちらも29.5%)でした。ビジネスの場ではBのほうがプラスイメージのようです。この男性は増毛や植毛などは一切しておらず、薄毛専門美容室のヘアカットとセットで、AからBの髪型になりました。
今回の調査から、薄毛に悩んでいる男性でも行動を起こすかどうかで仕事にも大きく影響していることがわかりました。増毛に取り組む前に、まずは薄毛専門美容室で髪型を工夫するだけでも大きな一歩になります。

■薄毛専門ヘアサロン「スヴェンソン」
「スヴェンソン」は、総合毛髪業として薄毛専門ヘアサロンを運営し、髪質や毛量などを考慮しながら、ひとりひとりに似合うカットを提案しております。完全個室のため、人目を気にすることなくカットに集中することができます。ヘアケアへのお悩み相談も、美容師に気兼ねなく聞けることもメリットの1つです。
スヴェンソンは、頭皮の幅広い悩みにアドバイスできる毛髪技能士がいます。抜け毛の悩みやおすすめのシャンプーなど、お気軽にご相談いただくことが可能です。
【公式サイト】https://www.mens-hair.jp/

(本文参考)
※1 男性の薄毛と職場でのイメージに関する女性200名への意識調査(2020年8月21日)
https://kamikoto.media/mens-thinninghair-business/
※2 人事採用の面接官経験のある方100名への意識調査(2020年9月28日)
https://kamikoto.media/category/aga/basicknowledge/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)