医療・医薬・福祉

『日米がん撲滅サミット2020・漢方セッション』12月24日(木)午後3時より配信

日米がん撲滅サミット2020実行委員会

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7F 国際会議場で開催された『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。


 この度、その開催を記念して配信される上園保仁氏(東京慈恵会医科大学 疼痛制御研究講座 特任教授)の『漢方セッション』が2020年12月24日(木)午後3時、クリスマスイブからスタートすることが決まった。
東京慈恵会医科大学疼痛制御研究講座特任教授 上園保仁氏
 上園氏は日本を代表する漢方の研究者で科学的に分析した漢方の効能を活かすために、積極的に活動を展開している人物だ。同氏は、この『漢方セッション』で肩の凝らない歴史のエピソードやがん医療への漢方の応用についてわかりやすく解説していくとのことだ。 

 皆さんもこの動画配信によって益々漢方の奥深い世界を知る良い機会となるだろう。
なお、『漢方セッション』は大会HP(http://cancer-zero.com)にて無料で視聴できる。
また2021年1月第2弾配信に向けて準備中とのことだ。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)