美容・健康 素材・化学・エネルギー

マスクの長時間着用によって発生する課題を解決する2種類のフィルムマスク「コンディションマスク」「コミュニケーションマスク」を発売

フクビ化学工業株式会社
息がしやすいコンディションマスクと口元が見えるコミュニケーションマスクで安心・安全・快適な暮らしをクリエイトする

 フクビ化学工業株式会社は、肌荒れや息苦しさを防ぎ、快適で健康的な暮らしに貢献する「コンディションマスク」と口の動きや表情を相手に伝えることができる透明な「コミュニケーションマスク」を開発し、2020年12月21日よりインターネット通販最大手のAmazonで販売を開始しました。 【フクビマスクプロジェクト WEBサイト】https://fukuvi-maskproject.com 【フクビマスクプロジェクト Facebookページ】https://www.facebook.com/maskproject.jp 【フクビマスクプロジェクト YouTubeチャンネル】  https://www.youtube.com/channel/UChmEpQs5aoW7qyJyKr_L0uw?view_as=subscriber 【フクビマスクプロジェクト Amazonストア】   https://www.amazon.co.jp/stores/page/98AFBE62-2A15-4891-A3E9-ABE78C1B01BB


コンディションマスク
 コンディションマスクは、マスクの長時間着用により肌荒れに悩んでいる人やマスク着用時に息苦しさや不快感を抱いている人に対して、より快適で健康的な暮らしを提供する提案型のマスクです。プラスチックフィルム素材を口廻りのシールドとして使用し、マスクを固定するひもは面ファスナーで後頭部に留める方法としています。頬や口にマスクの素材がまとわりつきにくいため、肌荒れの防止や息苦しさの軽減に有効であり、長時間使っていても耳が痛くなることがありません。一部肌に触れるひもの素材はコットン100%とすることで、肌触りがよく快適な使用感を追求しました。本製品は、繰り返し使用することでマスクの廃棄削減に繋げることができます。






コミュニケーションマスク
 コミュニケーションマスクは、手話を使う人や表情を伝えることが重要な職業の人がマスクを常に着用しなければならなくなり、「口の動きや顔の表情を伝えることができなくなり不自由になった」という課題を解決するために開発したマスクです。コンディションマスクと同様に繰り返し使用することを想定しており、マスクの廃棄削減に対しても有効です。コミュニケーションマスクは透明度の高いフィルムを使用しており、マスクを着けたままでも口の動きや表情を相手に伝えることができます。肌触りのよいコットン100%素材の耳ひもは長さ調整パーツにより1人ひとりに合った長さに調整することができます。同梱のくもり止めスプレーを使うことで、曇りにくくなり、口元をよりクリアに見せることができます。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)