ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

第12回 ユー・エス・ジェイ『チャリティ・ディナー・ショー』開催収益等から総額2200万円を寄付予定

合同会社ユー・エス・ジェイ
給付型奨学金『USJ奨学金』や『難病のこども支援」での送迎車両・病院改装などに生かし、より良い地域社会の発展に貢献します。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する合同会社ユー・エス・ジェイは、豊かな地域社会作りに貢献する「USJドリームウィーバー」の活動の一環として、主要取引先と力を合わせ2019年6月9日(日)に第12回目となるチャリティ・ディナーショーを開催し、その収益等から総額約2200万円の寄付を行います。


※昨年の様子
今年の寄附先は、大阪府育英会の給付型奨学金「大阪府育英会USJ奨学金」に加え、『難病のこども支援』の一環としての送迎車両・病院改装の原資として活用される予定です。
チャリティ資金は、本チャリティ趣旨にご賛同いただいた主要取引先 37社よりお預かりした計1845万円(一口45万円)の協賛金からディナーショー経費を差し引いた収益の約1100万円と、当社がマッチングギフトとして提供する同額を合算したものです。
チャリティ・ディナーショーでは、各社の関係者など計390名をパーク内のイベント会場「Stage 33」にお招きし、スペシャルショー他、パークのパフォーマーたちによる歌やダンスのショー、本格コース料理などでおもてなし。併せて、贈呈式も行い、各団体代表者へ寄付目録を授与いたします。

チャリティ協賛会社: ユー・エス・ジェイの主要取引先37社(五十音順)
株式会社アチハ、株式会社あみだ池 大黒、イオン デライト株式会社、株式会社大阪の味本舗、株式会社オリエンタルベーカリー、株式会社上組、関西電力株式会社、株式会社木村技研、共同システムソリューション株式会社、協和株式会社 大阪支店、近畿エア・ウォーター 株式会社、株式会社きんでん、国分西日本株式会社、サノヤス・ライド株式会社、株式会社サロンジェ、山九近畿サービス株式会社、株式会社三興、シグマ紙業株式会社、新関西ランドスケープ株式会社、株式会社シンギ、新日本ウェックス株式会社、株式会社タイヨー、株式会社TS、株式会社東京舞台照明大阪、株式会社東宝コスチューム、株式会社長登屋、日清食品株式会社、株式会社博報堂関西支社、株式会社白洋舍、花谷建設株式会社、株式会社ビーラインワーク、株式会社福本ボデー、株式会社フジヤ、株式会社松風屋 大阪支店、株式会社ムラヤマ 大阪支店、Universal Parks & Resorts、横浜マテリアル株式会社


寄付先

昨年の贈呈車両
(1) 大阪市を通じて社会福祉法人大阪障害者福祉・スポーツ協会 大阪市更正療育センター(大阪市平野区)へ、送迎車両(ホンダ ステップワゴン・スパーダ、約330万円)を寄付予定。(セサミストリートとピーナッツの外装デザイン)


年進学したUSJ奨学生
(2) 大阪府育英会の給付型奨学金「大阪府育英会USJ奨学金」の原資として1500万円を寄付。今年は15名の高校2年生にそれぞれ100万円を給付予定。


(3) 国立循環器病研究センターの小児科外来プレイルーム、計測室、処置室の壁面をスヌーピー達の画像で内装(工事費約370万円)

「大阪府育英会USJ奨学金」とは
大阪府内の経済的に充分な学習環境に恵まれない高校生に対し奨学金を給付することで、その夢の実現を支援し、大阪・日本の将来を担う人材の育成を図るものです。申し込み要件としては、2年次の生徒で大学進学を希望し、非常に強い向学心を持ち、成績優秀で、学内外でボランティア活動やクラブ(生徒会)活動等にも積極的に参加している生徒であり、毎年応募者の中から審査で選ばれ、1人に100万円が給付されます(返済不要)。初年度(2011年)は5名、2012年は10名、2013年は15名、2014年は10名、2014年から2016年で毎年10名、2017年と2018年は15名を採用しています。6月21日(金)まで大阪府育英会で申込みを受け付け、7月下旬頃に採用者を決定する予定です。今年USJ奨学生で大学進学を果たした学生を会場にご招待しています。(パークを楽しんだ後、贈呈式から参加予定)

「難病のこども支援」とは
難病と闘っている子ども達の気持ちが少しでも和らぐように、病院のプレイルーム等をパークのキャラクターのお部屋に改装をしています。
今年はJR岸辺駅の健都に移築中「国立循環器病研究センター」の小児科外来にあるプレイルーム、計測室、処置室の壁面をスヌーピーの世界のイメージに内装工事いたします。
※2012年度、更に広く社会にこどもホスピスを認識していただくため、本チャリティにより大阪市立総合医療センターに子どもの緩和ケア病室「ユニバーサル・ワンダー・ルーム」が開設されました。
※2013年度、心臓疾患等で屋外にでることができない子ども達のために、大阪市立総合医療センターの6階桜病棟のプレイルームを、パークのキャラクター達とピクニックに出かけているような「ユニバーサル・ワンダー・プレイルーム」として改装しました。
※2014年度、小児ガン治療を受けるためお家に帰れない子ども達のために、大阪市立総合医療センター7階桜病棟のプレイルームを、スヌーピーとその仲間達も来ている楽しいお部屋「ユニバーサル・ワンダー・プレイルームII」として、また、ダイニングを、セサミのエルモとクッキーモンスターがいる明るくて楽しい「ユニバーサル・ワンダー・ダイニング」として改装しました。
※2015年度、外科手術等で外出できない子ども達のために、想像力を掻き立て、遊びと癒しが共存する空間を提供するため、大阪市立総合医療センター6階すみれ病棟のプレイルームを「ユニバーサル・ワンダーパーク」に改装しました。
※2016年度、重度の疾患などのため、屋外にでることができない子ども達のために、大阪府立母子医療センター2階東棟のプレイルームを「ユニバーサル・ワンダー・トイハウス」に改装し、搾乳しないといけないお母様の為に「搾乳室」を「ユニバーサル・ワンダー・ミルキングルーム」に改装しました。
※2018年度、難病の子ども達とその健やかな成長を願うご家族をサポートするため、大阪府立母子医療センター3階東棟プレイルームを「ユニバーサル・ワンダー・プレイルーム」として改装しました。

USJドリーム・ウィーバー(USJ Dream Weavers)とは
1. 内 容: 
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとして豊かな地域社会作りに貢献するために、支援の必要な人々をサポートすることに特化した社会貢献活動プロジェクト。Dream Weaversとは「夢を紡ぐ人々」を意味しています。
2. 他の活動:
A.「ワンダー・キッズ・プログラム」(年1回、通算13回実施)
児童養護施設の子供たちの退所後の自立を支援する為に、子供たちの就業意識醸成プログラム。昨年は大阪府南部全施設から小学4年~6年生をご招待して、パークの仕事を体験、パーク内のあらゆる仕事を探すゲームをしました。クルーたちがエスコートして一緒に回りました。
B. CSR商品販売収益金の寄付
「USJ Dream Weavers」ロゴ入りCSR商品をパーク内で販売し、収益金から福祉目的の寄付を行っています。
C.「コミュニティ・プログラム」
パークになかなか来られない小児病棟、障がい者施設の方々をキャラクターやパフォーマーが訪問し、エンターテインメントをお届けしています。
D. ボランティア派遣
社内でボランティアを募って、自治体やNPOが行う社会貢献事業、スポーツイベントに派遣してイベント運営を支援、また災害復興のお手伝い等をしています。
E. ホームレスや障がい者の方々の自立支援
1. ホームレス自立支援施設や、障がい者へ就業支援や職業訓練を行う作業所において、パーク内で使用している木製ベンチ等の補修や塗装の技術指導を行い、業務発注しています。
2. 作業所で作成した品物の展示販売場所として、定期的にクルーカフェを提供しています。
F. 支援学校の教育をサポートするため、教育器材などの寄贈
1. 2013年度、大阪府立視覚支援学校に点字プリンター1台と拡大読書器8台、大阪市立視覚支援学校に点字プリンター1台と拡大読書器9台を寄贈しました。
2. 2017年度、神戸市立盲学校に拡大読書器3台、視覚しょう害者用アプリを内蔵したiPad10台とパークのマグカップ42個を寄贈しました。
3. 2018年度、兵庫県立神戸聴覚特別支援学校に、日常の学習や行事、また災害時に活用できるよう液晶テレビ25台、書画カメラ6台を寄贈。また教育環境を改善できるようアコーディオンカーテン1式も寄贈しました。
4.  2018年度、兵庫県立視覚特別支援学校に、拡大読書器6台、エアロバイク2台とランニングマシン1台(室内で安全に体力造りをするため)、ウッドマウンテン1台、電気陶芸釜1基等学校が必要とされる品々を寄贈しました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはコムキャスト NBCユニバーサルが完全所有しています。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、国内のみならず海外からも多くのゲストが訪れるエンターテイメント、レジャー界における一大ランドマークとしての地位を築きあげています。「世界最高を、お届けしたい。」という強い想いの下、ハリウッドの人気映画だけではなく、さまざまな世界的人気エンターテイメント・ブランドをテーマとする本格的なアトラクションやショー、ゲストが思いきり楽しめるシーズナル・イベントなど、世界最高クオリティのエンターテイメントを提供し、訪れるゲストに世界最高の体験と思い出をつくっていただいています。
2001年の開業以来、常に革新をし続けており、近年は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が絶大な人気を博しているほか、「ジュラシック・パーク」エリア一帯を滑走する画期的なフライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」、大人気エリア「ミニオン・パーク」ではミニオンたちが繰り広げる想像を超える“ハチャメチャ″が楽しめる「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」など次々と世界最高エンターテイメントを打ち出し、さらなる進化と成長を遂げています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会