出版・アート・カルチャー

脳の重さは1.5倍に!成功する子は食べ物が9割。幼児のゴールデンエイジに脳や足裏アーチはつくられる

株式会社主婦の友社
株式会社主婦の友社は『成功する子は食べ物が9割 幼児食』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074453630)を2020年12月19日(土)に発売いたしました。





【TOPIC】
●累計11万部突破「成功する子は食べ物が9割」シリーズ最新刊
●幼児食のポイント、1日の目安量、成長に欠かせない栄養素がわかる
●好き嫌いを克服するレシピや、手作りおやつレシピも豊富!


5大たんぱく質源だけは覚えて!

「栄養のことを覚えるのはめんどうくさい!という人がいたら、5大たんぱく質源だけは覚えて!」と力説するのは、本書の監修者で、予防医療・栄養コンサルタントの細川モモさん。


5大たんぱく質源とは、肉、魚、大豆製品、卵、乳製品。これらの食品はたんぱく質のほかに、鉄、DHA、カルシウムなど、それぞれの強みを持っています。脳神経や筋肉、骨、血液など体が成長するときに、たんぱく質は必要不可欠! 昨夜、鶏肉をガッツリ食べさせたからOKではなく、この写真を頭にたたき込み、毎食とりましょう。朝昼晩に違う種類のたんぱく質食材を食べさせることで、体をつくる栄養素が偏らなくなるのです。


寒い季節は特に、修復のミネラル「亜鉛」を味方に

たとえば、肌荒れする、かぜをひきやすい季節に注目したいのは、修復のミネラルといわれる亜鉛です。傷の修復をしてくれ、細胞の新生にも欠かせません。日本は先進国で唯一、1~3割の大人が亜鉛不足という国。子どものためだけでなく、ママの美肌や元気をキープするためにも、意識してとり入れましょう。


亜鉛をダントツに含むのは牡蠣ですが、米、納豆、卵、チーズなどでもコツコツとることができます。


「たんぱく質+野菜」の栄養ストックが忙しいママ・パパを救う

栄養が大事とわかっていても、仕事復帰して忙しかったり、きょうだいの子育てが大変だったり、料理を何品も作る余裕がない時期かもしれません。

そんな事態を解決するのは「たんぱく質+野菜」を同時に食べさせられる、幼児さん用の栄養ストック。時間のあるときに多めに作って冷凍しておけば、短時間で食べさせたい朝や、あわただしい帰宅後に役立ちます。

栄養ストックに救われる!
頭を悩ませないアレンジレシピ




「ママ、おなかすいた」には罪悪感のないおやつを


友だちと遊ぶようになると、お菓子の味を覚えてしまい、「お菓子でおなかがいっぱいになってしまう」というのはよくある悩みです。

お迎えや公園遊びの帰りにちょっとだけ、小腹を満たして栄養もとれる“罪悪感のない携帯おやつ”があったらいいな……。米粉を使ったクッキーやマフィンなどのレシピを、料理家ダンノマリコさんに開発してもらいました。簡単なので、お手伝いをしたがる幼児さんといっしょに作るのもおすすめです。

米粉はふるわなくていいからラク!

赤ちゃんが離乳食を卒業すると、幼児食が始まります。1才から5才までに身長は30cm以上伸びて、脳の重さは1.5倍にもなります。だから、脳や体をつくる栄養素をしっかり与えることは、とても大事! 最新情報とレシピがたっぷり詰まった1冊で、子どもの成長をサポートしましょう。


書誌情報

タイトル:成功する子は食べ物が9割 幼児食
監修:細川モモ
定価:本体1300円+税
仕様:B5変、128ページ
発売日:2020年12月19日(土)
ISBN:978-4-07-445363-4
【amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/4074453630


本書に関するメディア関係者のお問い合わせ先

【主婦の友社広報窓口】
株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
TEL:03-5403-4320(直通)
pr★c-pub.co.jp (★は@に変換してお送りください)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)