出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

【シリーズ累計123万部突破 85歳現役の菊池先生が伝授!】“いのちの体操”と中高年層に大人気!シリーズ最新刊 『つかむだけ!みるみるお腹が凹むきくち体操』5/15発売【新刊案内】

株式会社 宝島社
お腹をつかむだけでズボンがブカブカ!便秘も解消!病気予防にも!

株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一、本社:東京都千代田区)は、2019年5月15日に、菊池和子氏の最新エクササイズ本『つかむだけ!みるみるお腹が凹むきくち体操』を発売しました。


『つかむだけ!みるみるお腹が凹むきくち体操』
意識してつかむだけで内臓が生き返り、お腹が凹む!
 元中学校体育教師で現在85歳の現役指導者、菊池和子氏が創始し、50年以上にわたって指導する「きくち体操」がいま再ブームとなっています。通常のエクササイズのような筋肉を鍛える体操とは違い、頭で意識しながら全身をていねいに動かす「きくち体操」の最新刊は、2011年に発売した『お腹が凹む! きくち体操』を大胆リニューアル。楽にお腹を凹ませる体操を収録しています。
 やみくもに腹筋したり、走ったりせず、お腹をしっかりつかむだけで、みるみるお腹は凹みます。さらに、体をねじったり、おしりを意識することで効果もアップ! なぜなら、お腹の筋肉は上半身、下半身の筋肉とつながっているので、お腹を直接動かさなくても手足を動かすことで、お腹の筋肉が育つようにつくられているのです。お腹の筋肉が本来の役割を担ってきちんと働き出すと、内臓が生き返り、お腹が凹み、体の中から元気が湧いてきます。


メディア出演多数!出演・取材可!
■フジテレビ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』
■テレビ東京『主治医が見つかる診療所』
■テレビ朝日『スーパーJチャンネル』 ほか、メディア出演多数


【著者】 菊池 和子(きくち・かずこ)プロフィール

1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。体育教師を経て「きくち体操」を創始。川崎本部のほか、東京、神奈川などの教室、カルチャースクールなどで指導を行う。体と心、脳とのつながりに着目した“いのちの体操”は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。日本ペンクラブ会員。著書は『あぶら身がすっきり取れるきくち体操』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『はじめての「きくち体操」』(講談社)、『寝たままできる! 体がよみがえる!! きくち体操』『足の裏を刺激して一生歩ける体になる! きくち体操』『死ぬまで歩ける足腰は「らくスクワット」で作りなさい』(以上、宝島社)など。
『つかむだけ!みるみるお腹が凹むきくち体操』

『つかむだけ!みるみる お腹が凹むきくち体操』
定価:本体1200円+税
発売日:2019年5月15日
https://store.tkj.jp/shopdetail/000000009958/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会