美容・健康

朝の3種のエクササイズやゴミ削減 環境への取組を促進 ~美と健康の協和SDGsの取組~

株式会社 協和
 美と健康の「fracora(フラコラ)」を展開する株式会社協和(東京都新宿区、代表取締役:堀内泰司、以下協和)は、持続可能を企業ポリシーとして掲げておりますが、世界の積極的な活動を受け、協和が考えるSDGsの取組をここにお知らせいたします。


◆背景
 世界では、国連が主導する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、積極的な活動が巻き起こっています。協和は、企業ポリシーに「持続可能を大切な価値観として健康、美、環境、おいしさを考えます」を掲げ、心身の健康と美を追求してきました。
 「日本の健康と元気を応援したい」という想いで、いま協和ができることを情報発信し、国連が掲げる「地球上の誰一人取り残さない」に共感し、お客様、パートナー企業様、従業員と共に取組んでまいります。

◆協和のSDGs目標



◆パートナーシップで健康に 朝の3種のエクササイズ
 2011年からスタートした朝のエクササイズ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、社員の安心・安全を考え、オンライン化をいち早く導入して参りました。また、運動不足が社会課題になる中、みなさまの健康と元気を応援したいという気持ちから、2020年6月より一般向けにも開放し、お客様、パートナー企業様などが参加しています。2022年には20万人の参加を目指します。
朝の3種のエクササイズ ライブ配信の様子
<どなたでも参加できます>
 https://www.fracora.com/front/tk/morning-3kinds-exercise/

◆働きやすい環境 ストレスの少ない職場
 従業員の健康を考え、生活の基本である「歩く」に積極的に取組むよう、世の中で健康経営が叫ばれる前から歩数計を無償配布してきました。最近では歩数、心拍数、睡眠の質スコアなどが分かるウェアラブル端末に切り替えています。
 また、オフィスではフリーアドレスを採用。「人が会話するところから新しいアイディアが生まれる」という考え方のもと、ワイガヤ文化を推奨しています。
ワイガヤ文化

◆ハンディキャップのある方や日常のウォーキングなど指導
 従業員で元五輪競歩選手の柳澤哲(サトシ)が現役時代の経験を活かした理論で、ウォーキング療法士を監修。高度なウォーキング技能に、安全性の高い医療リハビリ技術を融合し、ハンディキャップのある方や日常生活の歩行に不安のある方など、幅広く指導し、健康寿命を延ばす活動に従事しています。
 ウォーキング療法士は日本全国約70名(※1)が活躍しています。
ウォーキング指導の様子
◆森林保全に配慮した梱包材を使用
 協和ではお客様に商品をお届けする際に多くの段ボールを使っています。段ボールはリサイクルに優れている再生可能な天然素材です。輸送時の安全性の確保が十分にできることを確認した上で、使用する段ボール量を削減しました。また、未来を担う世代に大切な森を残すべく、森林の環境保全に配慮した素材に切り替えます。梱包材への印刷には、環境にやさしいベジタブルオイルインクを一部使用しています。


森林保全に配慮した 段ボール

協和のSDGsの取組は企業HPにて更新してまいります。
 https://www.kyowa-group.co.jp/sdgs

■2019年度「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定:オリンピック・パラリンピック準備局
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/08/02.html
■2017年度より3年連続スポーツ庁認定「スポーツエールカンパニー」に選定:スポーツ庁
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm

※1 2020年11月末現在 (株)協和調べ

<会社概要>
●会社名:株式会社協和
●設立:1960 年
●住所:〒160 0023 東京都新宿区西新宿 1 22 2 新宿サンエービル 9 F
●代表取締役:堀内 泰司
●事業内容:ビューティー&ヘルス事業
ブランド名『フラコラ』 https://www.fracora.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)