美容・健康

ウェルエイジング・ブランドWELLMETHOD(R)から機能性表示食品「ピュアセラミド+(プラス)」を新発売!

株式会社ダイセル
~飲むセラミドで肌の保湿力を高められる機能性表示食品を、自社通販サイトで販売~

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:小河義美)は、2020年12月23日、大人の女性のためのウェルエイジング・ブランド「WELLMETHOD(R)(ウェルメソッド、https://wellmethod.jp/ )」から、機能性表示食品(※1)「ピュアセラミド+(プラス)」を発売いたします。 機能性表示食品「ピュアセラミド+(プラス)」は、こんにゃく芋の飛び粉から抽出した「こんにゃく由来グルコシルセラミド」を配合した、肌の乾燥が気になる方に適した、飲むセラミドサプリメントです。 ※1機能性表示食品とは、メーカーの責任で、論文などのデータに基づいた機能性を表示した食品です。販売前に、安全性や機能性に関するエビデンス情報を評価して、消費者庁長官に届出する必要があります。なお、機能性表示食品は、特定保健用食品とは異なるもので、消費者庁長官の許可を受けたものではありません。


■商品特長
1.肌のバリア機能(保湿力)を高めるエビデンスがある機能性表示食品

セラミドは皮膚の最外層にあたる角質層にある細胞間脂質とよばれる成分で、外部からの刺激から肌の内部を守る働きがあります。セラミドが角質層に十分に存在すると、水分の蒸発を防ぎ、保湿力のある健やかな肌を保てますが、セラミドが不十分であると肌のバリア機能が乱れて刺激を受けやすく、肌内部の水分が逃げてしまう状態になります。

機能性関与成分である「こんにゃく由来グルコシルセラミド」を用いて、日本人を対象とした複数の試験が行われており、1日当たり0.6~1.8mgのこんにゃく由来グルコシルセラミドを4週~12週間続けて摂取することで、全身の肌の経皮水分蒸散量がの低下(皮膚バリア機能がの改善)すできることが報告されています。

スキンケアアイテムを用いた外側からのケアでは局所的になりますが、セラミドを経口摂取することで、全身に潤いを届け、肌の乾燥を防ぐことが期待できます。

機能性表示食品になったことで従来品のピュアセラミドからアップグレードしたという意味を込めて「ピュアセラミド+(プラス)」と名付けました。




2.プラネタリーヘルスを意識した商品開発

「ピュアセラミド+(プラス)」に使用している「こんにゃく由来グルコシルセラミド」は、当社が10年の研究・改良を経て開発に至った機能性成分です。

この「こんにゃく由来グルコシルセラミド」はこんにゃく芋の飛び粉と呼ばれるものから作られています。飛び粉は、板こんにゃくを作る工程で出てくる粉末で、こんにゃく製造には用いられない、いわゆる産業廃棄物にあたるものでした。

当社はこの廃棄されていた飛び粉に、セラミドが大量に含まれていることを発見し、抽出することに成功して、廃棄物から価値を高めて再利用するアップサイクルの考え方で、商品開発をすすめています。

また、パッケージのアルミチャック袋にも最外層にバイオマスPETを採用し、環境に配慮した商品づくりに取り組んでいます。

3.艶やかなデザインと、ユーザビリティーを考えた仕様

WELLMETHOD(R)ブランドのアイテムとしてデザインコンセプトを再検討し、市場で埋もれない艶やかで目を引くデザインにしました。選んだモチーフにはそれぞれ大人の女性のウェルエイジングに合わせた意味を持たせ、今後の商品展開のベースデザインとなるようなものにしました。

また、アルミチャック袋は、開け口をカットした後、表裏のアルミが張り付いて開けにくいというお声を多くいただいておりました。本商品では開封後、開け口に段差をつくることで開閉がしやすい仕様にしました。

■商品仕様                      





内容量:90粒入り

賞味期限:製造より2年

製造国:日本

販売価格:3,100円(税込)


                  機能性表示食品(届出番号:E688)

■販売概要
【ダイセルヘルスケア通販】         サイトURL  https://www.daicel-shop.jp/
【お客様からのお問い合わせフリーダイヤル】 0120-541-870 (受付時間/9:00~20:00 ※年末年始のぞく)
【WELLMETHOD(R)ブランドサイト】   サイトURL  https://wellmethod.jp/products/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)