医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

【真夜中の急患、病院スタッフをどう集める?】救急患者受入体制強化サービス「Smart ACES」を発売

株式会社Smart119
国立大学法人 千葉大学医学部発のベンチャー企業で、救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、医療従事者の緊急招集を身近にあるパソコンやスマートフォンを通じてスムーズに実施できるサービス「Smart ACES」(スマート エイシス)を、一般の医療機関に向けて発売しました。


救急患者を受け入れている病院において、救急患者の収容依頼が同じタイミングで重なり、人手不足から対応が困難になるケースがあります。これまで、医師・看護師といった医療従事者の緊急招集は、電話を用いたオンコールにより一人ずつ連絡して確認することが主体でしたが、クラウドシステムを利用した新発売の「Smart ACES」は、メール、LINE、LINEWORKSを駆使して自動的に招集をかけることが可能です。早く、効率的に医療スタッフを集めることができるため、救急患者が搬送を断られる「たらい回し」を減らすことも期待できます。

◆「Smart ACES」サービス紹介動画(30秒) https://youtu.be/qv2556odmLU




「Smart ACES」の利用にはスタッフが各自持っているスマートフォンや、病院のPCがあればよく、専用端末を新たに導入する必要はありません。病院はスタッフに一斉に呼びかけ、必要な人数を無駄なく集めることができるほか、病院側から一方的に連絡するだけでなく、スタッフ側からも何分後に現場へ到着できるか送信できます。災害時には安否確認に利用することも可能です。
本システムは、特許も取得しており(第6166114号)、論文でも効果報告済みです。

<論文>
Development of a novel information and communication technology system to compensate for a sudden shortage of emergency department physicians
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5260081/
緊急時の集合要請の管理画面
また、新型コロナウイルス感染症防止につながることが期待できる中小企業の優れた新商品等(新製品及び新役務)として、令和2年度の「千葉市トライアル発注認定事業選定商品」に選ばれており、千葉市がPRおよび導入契約における支援を実施します。

<令和2年度千葉市トライアル発注認定事業認定商品>
https://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/sangyo/documents/ninteisyouhinichiran.pdf

「Smart ACES」はすでに国立大学附属病院などで実験導入されており、このたび一般病院向けにUI(ユーザーインターフェイス)・UX(ユーザーエクスペリエンス)の改善を実施し、広く発売されることとなりました。医療機関が中心にスクラッチ・ビルドで開発したシステムのため、医療機関からの要望があれば柔軟に機能の追加や変更が行えることも長所のひとつです。

株式会社Smart119は、国立大学法人である千葉大学教授で救急集中治療医学を専門とする中田孝明医師により、急性期医療の現場に新たなテクノロジーを導入し、柔軟かつ独創的な発想で多くの救急患者さんを救いたい、という思いを元に設立されました。医師や救命救急士、看護師など多くの医療専門家が集っており、幅広く日本の医療に貢献していきたいと考えています。

◆導入実績
関西医科大学総合医療センター、国立国際医療研究センター、島根大学医学部附属病院、りんくう総合医療センター、千葉大学医学部附属病院 など

◆「Smart ACES」ウェブサイト
https://smart119.biz/aces/


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市消防局において、日本医療研究開発機構 (AMED) の研究開発事業である救急情報共有システムを導入したほか、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」ことを目指します。


【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を行なう「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市消防局において、日本医療研究開発機構 (AMED) の研究開発事業である救急情報共有システムを導入したほか、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」ことを目指します。

【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「Smart ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を行なう「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)