医療・医薬・福祉

医管理職を精神科医がサポートする「管理職トレーニングセンター:カントレセンター」がクラファン限定でオンラインコース・トレーニングコースを割引します。

メンタルコンパス株式会社
~クラウドファンディング初日で20%(50万円)を突破しました~

メンタルコンパス株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:伊井 俊貴、以下「当社」)は、医療介護・対人援助職の管理職を精神科医がサポートする「管理職トレーニングセンター:カントレセンター」のクラウドファンディングを「12月23日(水)11:00」開始し、開催初日で20%(50万円)を達成しました。今回、2021年1月29日までの期間、クラファン限定でのオンラインコース割引価格での提案を開始しています。https://camp-fire.jp/projects/view/313822


コロナウイルス感染者は最多を更新し、医療機関に対する負荷もさらに増しています。医療介護・対人援助職における負担は今後も続くと予測されます。コロナ対策へのストレスは医療介護管理職とスタッフの間で感情のすれ違いを生みます。医療介護分野の管理職サポートを目的としてクラウドファンディングにて2021年1月29日までの期間でクラファン限定価格での提供を開始します。 https://camp-fire.jp/projects/view/313822





プロジェクト発案の経緯


今回のプロジェクトを発案者・精神科医の伊井俊貴です。中学生のころから心の問題の解決したいと思い、精神科医を目指します。数百のカウンセリング流派の多くはネガティブな感情を無くそうとしていましたが、ネガティブな考えをなくすことなんてできないのに、何故できないことを目指してしまうんだろう、と思っていました。

心の柔軟性はその他の心理療法とは違いました。ネガティブ感情に巻き込まれず自分らしく生きることを目的としています。この「心の柔軟性」であれば心の問題を解決することができると直感します。精神科医として心の柔軟性の理論を使い数百人のメンタル不調の方の復職に成功しました。

精神科医として働く中で、大きな壁に打ち当たります。患者さんではなく組織の問題が原因でうつを発症するケースの多さです。組織の問題が原因でうつを発症したのにカウンセリングや薬だけで治療して良いのか?病院で患者さんを待つだけでは本当の問題にアプローチできないのでは?と感じます。

その中で生じたのがコロナの流行です。コロナ対策が続くにつれて、ストレスレベルが徐々に高まっていきます。感情のすれ違いが誤解を生み、職員の離職からチームが崩壊するケースを多く耳にします。我々の組織の問題を解決する医師としての最初の仕事が決まりました。医療介護・対人援助管理職のサポート「カントレ」for Medical です。





「カントレ」トレーニング内容


管理職トレーニングによって、精神科医のマネジメントのコツが身につきます。カントレによって心の柔軟性をたかまめることができれば以下のようなマネジメントが可能になります。

1.部下が気持ちよく自発的に動いてもらうコツがわかる
2.自分の感情をコントロールする方法がわかる
3.職場に働きがいを持って働けるようになる

カントレでは2つのコースを用意しました。ゆっくり学びたい人のオンラインコースと短期間で集中的に学びたい人のトレーニングコースです。

オンラインコースをはマネジメント相談・ウィークリーディスカッション・個人トレーニングのアプリで忙しい人でも見ているだけで心の柔軟性が高まるコースです。トレーニングコースではオンラインコースに加えて、集中強化トレーニングを行います。どうせ学ぶなら体験的にしっかり身に付けて、認定資格を目指したいという方や、第一期のメンバーとしてカントレの発展に協力していただける方におすすめです。



クラウドファンディングについて




今回のクラウドファンディングでは、介護医療・対人援助職の管理職のサポートと、初期メンバーを早期に集めることで、会員のメリットを最大化させるため、上記プランに加え大幅に値引きしたクラファン限定プランを設定しました。

クラファンの期間である2021年1月29日までの限定のプランとなっております。詳しくはクラウドファンディングのページをご覧ください。メンタルコンパス株式会社はこれからも「誰もが自分らしく生きられる世界」を作ることを目指し、日々活動を継続していきます。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

社名:メンタルコンパス 株式会社
代表者名:伊井俊貴
事業内容:メンタルヘルス、管理職トレーニング、メンタルアプリケーションの開発
Url:  https://camp-fire.jp/projects/view/31382
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)